[裏方NAVI]
広瀬勇人(スキーブーツチューンナッパー)<前編>「ブーツで変わるパフォーマンス」

スキーヤーの能力とスキー板の性能を引き出すスキーブーツ

「なるほど……」。15年間、スキーブーツのチューンナップを手掛けてきた広瀬勇人の言葉を聞いて、はたとヒザを打った。スキー競技において、“チューンナップ”と言えば、おそらく大半の人がスキー板のことを想像するだろう。しかし、何か忘れていはしまいか。スキーヤーの身体とスキー板をつなげているもの――そう、スキーブーツである。このブーツにおけるチューンナップを重視する日本人スキーヤーはそう多くはいない。だが、広瀬は言う。「スキーヤーの能力とスキー板の性能を引き出すのがスキーブーツ」だと。たかがブーツではないのだ。

 きちんと自分に合ったスキーブーツを履くこと。それは“安全性”と“技術向上”へ大きな一歩となる。スキーという競技は、いかにスキー板をうまく操作することができるかが重要であることは言を俟たない。そのためにはスキー板に身体を乗せた時のポジショニングが不可欠だ。だが、フィットしていないスキーブーツではバランスを崩しやすいことは容易に想像できる。そうすれば、ケガにもつながりやすい。0.1秒を争うトップ選手なら、なおさらである。ほんのわずかなズレが自分の滑りに狂いを生じさせる。

 だが、トップ選手でもブーツチューンナップへの意識が高い日本人選手はそう多くはないという。欧米ではスキー板同様に常識となっているブーツのチューンナップだが、日本では未だ浸透していないのが現状だ。その理由を広瀬はこう語る。

「人間のすごいところなのですが、多少ブーツのバランスが合わなくても、それに対応する能力が備わっているんです。合わないブーツでも順応した動きでカバーすることができるのが人間。トップレベルになればなるほど、その傾向が強い。だから“滑れちゃう”んですよ」

 しかし、それは自分の身体に“無理”をさせている状態でもある。ケガにつながる可能性はもちろん、自らの能力の妨げにもなっている。そのことに、早く気付いてほしいと広瀬は言う。

「バランスが悪いのに、いい方向に持っていこうとするということは、そこで自分の身体に無理を強いているということですよね。つまり、余分な負荷がかかっているんです。それでは、せっかくの能力が100%発揮することはできないし、ケガにもつながる。せっかくの能力を“無理”に使うのはあまりにももったいない。だからこそ、自分にフィットしているバランスの合ったブーツを履いて欲しいんです」