[NBA]
杉浦大介「“僕はただ、ジェイソン・コリンズでいたい”」

~ゲイ告白した選手の言葉~

プレーオフ目指すネッツの一員に

2月下旬以降、コリンズは全米最大級の注目選手となった。Photo By Gemini Keez

「準備はできているよ。さあ、始めよう」
 そんな言葉とともに、ジェイソン・コリンズはNBAに戻ってきた。

 昨年4月、「スポーツ・イラストレイテッド」誌上でゲイであることを告白したコリンズは、2月23日、ブルックリン・ネッツと10日間契約を締結。NBA史上初めて同性愛を告白した現役選手となり、以降はプレーオフを目指すチームの一員としてプレーし続けている。

 35歳のコリンズは平均プレー時間は9分弱のロールプレーヤーだが、“歴史的存在”としての話題性が変わるわけではない。3月3日には初めてブルックリンの地元戦に臨み、試合前には多くの報道陣の前で記者会見を行なった。

“ゲイ選手”として現代のパイオニアとなった男は、何を感じ、何を考え、スポーツの範疇を越えた注目を集めるコートに立ち続けているのだろうか。
 以下、グループセッションでの一問一答

――周囲の反応は?
JC: 去年、(まだカミングアウト前に)セルティックスからウィザーズにトレードされたときの反応とは随分と違うね(笑)。僕にとっても、これだけ騒がれるのは未経験のことだ。ただ、素敵なことだと思う。こんな言葉を使うことになるとは思わなかったけど、本当に素敵な経験だと感じる。今では人々はブルックリンの背番号98のジャージを買うことに興味を持ってくれているんだから。

――注目度はすさまじく、適応は簡単ではない?
JC: だいぶ慣れてきたとは思う。時間が経つにつれて、騒ぎが収まるのは分かっているからね。記者たちも、同じトピックでそれほど多くのストーリーを書き続けられるわけじゃない。新しい場所に行くたびに多くの取材に受けることも、徐々に気楽にこなせるようになってきた。徐々に落ち着いて、ゲームでプレー面での貢献に集中していければ良いと思う。なるべく周囲の喧噪は気にしすぎず、1試合1試合、1日1日を大事にしたいと思っている。