[野球]
上田哲之「投手と捕手のアウラ」

 外野をやや強い風が吹き抜けていく。名護市営球場の先発マウンドに立ったのは、北海道日本ハム・大谷翔平だった。3月1日の広島-日本ハムの練習試合である。2年目を迎えた19歳、大谷の二刀流やいかに? どうしても興味はそこへいく。

 ご存知193センチの長身から、しなやかなフォームで投げ込む。左足を上げた時、軸足で真っ直ぐに立っているように見える。流麗なフォームと形容してもいい。ただし、投球内容はといえば、なかなかに荒れ気味である。右打者のインコースへのストレートが、シュート回転して、いわゆる抜けた球になる。スライダーも球道が定まらず、大きく外れる。かと思うと、ひとたび指にかかれば快速球が決まる。そのうえスライダーがコーナーに鋭く曲がり落ちれば、もう打者はついていけない。あえなく三振。結局、4回2/3、打者21人に対して3安打6奪三振1失点。最速は156キロだったとか。

 うーん。まぁ、こういうのを“モノが違う”と言うんでしょう。リリースポイントがビシッと決まったら、誰も打てない。しかし、そうではない球もままある。言ってしまえば、試合のすべてが大谷次第でまわっている。投手らしいと言えば、いかにも投手らしい。

 二刀流に懐疑的な方々は、そのあたりが気にいらないのでしょうね。投手としての練習が足りないから、こういうことになる。シーズンに入ったら、抜けた球は見送られるか、打たれるかだ。しっかり投げ込んで、指にかかるボールの確率を上げないと、結局、あぶはち取らずで大成できないぞ……。それも、ひとつの正論だとは思う。しかし、この後の2試合では打者として3番に入って、2試合連続マルチヒット、1本塁打と結果を出している。二刀流は、もう少し続けてみてもいいのではあるまいか。