国家・民族 ドイツ
『アンネの日記』破損事件にただよう無知の匂い---犯人はドイツの図書館で同じことができるのだろうか?
〔PHOTO〕gettyimages

あまりにも不可解なのが、最近起こった『アンネの日記』の破損事件だ。因果関係がまったくわからない。日本にユダヤ人問題はないはずで、ネオナチだって、あるとすればただのコピーだ。ましてや、シオニズムへの反発やユダヤ人憎悪が動機だとは、私には到底思えない。

ならば、わざわざ『アンネの日記』を破る意図は何か? 

犯人の目的がたとえば日本の評判を貶めることだったとしても、それが成功したとは思えない。この犯罪には、あまりにも無知の匂いが強い。反ユダヤの土壌の一切ない国で、こんなことをしても意味はない。

これが日本人の感情を代表していないことは一目瞭然だし、筋道だった何らかの思想に基づいた犯罪でなさそうなことは、誰もが感じる。まさしく象のいない国で、違法な象狩りの摘発に対するテロをやったような違和感がある。無知な人間の行った浅はかな犯罪、それが私の受けた印象だ。

ユダヤ問題は、私たちが思っているよりずっと根が深い

では、ヨーロッパのユダヤ問題はどうなっているのか? 

2013年11月、EUで行われたユダヤ人の日常についての調査結果が発表された。対象者は、ベルギー、フランス、ハンガリー、イタリア、リトアニア、スウェーデン、イギリス、ドイツに住む計6000人のユダヤ人。ヨーロッパのユダヤ人の90%は、この8ヵ国に住んでいるという。昔はポーランドに多かったのだが、ナチに殺されていなくなってしまった。

さて、この調査の結果を要約すると、ドイツにいるユダヤ人は巷の反ユダヤ感情に苦しんでいるということだったので、まずそのことに私は驚いた。

ここ50年ほど、ドイツの学校は徹底的にナチの犯罪を教えてきたので、戦後生まれのドイツ人の頭の中には、ユダヤ人差別はもうないと想像していたのだ。一昨年、ベルリンでラビが一人、袋叩きに遭うという出来事があったが、それは特殊な事件だと思っていた。

私の周りでは、イスラエルがらみの政治問題が話題になることはあっても、特定のユダヤ人が話題になることはない。ユダヤ人差別が見えてくるような事件に遭遇したこともない。

もっとはっきり言うなら、誰がユダヤ人であるかもわからない。私は30年以上もドイツに住んでいるが、知人の中にユダヤ人は音楽家がただ一人いるだけだ。他にもいるのかもしれないが、国籍もドイツで、ドイツ語を話し、外見も変わらないのでわからない。ユダヤ人が鉤鼻だというのも、もちろん真っ赤な嘘だ。いずれにしても、差別など思いもよらなかった。

ところがこの調査によると、ドイツに住むユダヤ人は、年々、反ユダヤの傾向が強まっていると感じているという。しかも、別に極左でも極右でもない普通の人が、強い偏見や差別感を持っており、いつ暴行されるかと、常にビクビクしているというのだ。

インターネットで酷い中傷が飛び交っているのは事実だが、しかしながら、こういう卑怯な攻撃は対ユダヤの問題だけではない。日本でだって、一部のネット利用者の間で、酷い外国人誹謗のシュプレヒコールが為されていたりする。

ただ、これが日本人の意見を代表していないことは誰でも知っている。ところが今回の調査では、アンケートに答えた多くのユダヤ人は、過去5年の間に少なくとも一度、ドイツの反ユダヤ感情のせいで、ドイツを離れることを真剣に考えたと答えている。それに私は驚いた。ユダヤ問題は、私たちが思っているより、ずっと根が深い。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら