企業・経営
ハイヤー配車の米ベンチャー「Uber」は、日本のタクシー業界の「サービスの黒船」となる

Uberの会見に出席した日本法人の塩濱剛治社長(左から2人目)。元ソニーCEOの出井伸之氏(同3人目)は「ユーザーに便利なものは普及する」と後押し

「ウーバー(Uber)は黒船ではありません」

ハイヤー配車ベンチャーの米ウーバーが3月3日、東京でのサービスを本格スタートさせたが、その発表会見で挨拶した在日米国大使館のアンドリュー・ワイレガヤ商務公使はこう力説した。

「スマホで配車」東京が81都市目となる「業界の破壊者」

ウーバーの配車サービスは、スマートフォンでハイヤーを呼び、目的地までの料金が事前登録したクレジットカードで決済される仕組み。2010年に米国サンフランシスコで始まったが、瞬く間に世界主要都市に広がり、今回の東京で31か国81都市となった。

これまでも各国で既存のタクシー会社とぶつかっており、日本でも事前の報道で「タクシー業界の破壊者」などと紹介されてきた。折しも日本ではタクシー台数の規制を強化する「タクシー減車法」が施行されたばかり。ワイレガヤ氏の発言は、なるべく業界を刺激したくないという思いが透けてみえた。

ウーバーはパートナーと呼ぶ高級リムジンの運転手と契約を結び、スマートフォンのアプリを通して配車している。利用者は事前に運転手の写真や他の顧客の評価を見て選べるうえ、事後にも評価できるため、安全・安心な高級リムジンサービスをタクシー感覚で利用できる点が受けた。

日本ではタクシーの規制が厳しいこともあり、運営会社のウーバー・ジャパンは第二種旅行業として登録。既存のハイヤー会社などと提携してハイヤーと運転手を提供してもらう仕組みとした。

つまり、旅行会社が客のためにハイヤーを手配しているに過ぎないという形をとっている。ウーバーはあくまでハイヤー会社と消費者をつなぐ仲介サービスに徹して、タクシー会社と共存共栄を図るので、黒船批判は当たらないというわけだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら