森氏の「大事なときには必ず転ぶ」発言は安倍総理外交に対する「掛け言葉」?!」ほか

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol031---くにまるジャパン発言録より
〔PHOTO〕gettyimages

邦丸: 佐藤さんは、ソチ・オリンピックはあまり熱心にご覧になってはいないですか。

佐藤: 私は昔から、「体育」と「図工」には縁がないので。

(略)

邦丸: (略)浅田真央さんはショートプログラムで非常に残念な結果に終わったわけですが、フリーで見事に挽回して、メダルには届かなかったんですが、それにしても素晴らしかった。浅田真央さんという一人の女性アスリートがやったことによって、日本じゅうのみんながホッとする。ああ、跳んでくれた、ああ、よかったって思うのは、何なんでしょう。距離は日本とロシアで離れていますけれど、一体感というか、連帯感というか、何なんでしょうね。

佐藤: すごい勉強になるんですよ。要するに、人生には一回は失敗があるじゃないですか。そのときにキュッとやり直せるんだという物語を見せてもらったから。

邦丸: なるほどね。いろいろなものを背負って生きている女性への同情もあるんでしょうけど。

佐藤: 悪気はないんでしょうが、なんだか「いじめるおじさん」もいたりしますからね。

(略)

邦丸: ねえ。日刊スポーツにも大きく出ています。森(喜朗)元首相が「あの子、大事なときには必ず転ぶ」発言。2月20日、福岡市内のホテルで「東京オリンピックと安倍外交」をテーマに講演した際に、「頑張ってくれと見ていましたけど、真央ちゃん、見事にひっくり返りました。あの子、大事なときには必ず転ぶんですね」と発言した。

佐藤: それ、私はもうちょっと深読みしているんです。真央ちゃんの名前を出したことは、森元総理は本当にけしからん。非常に尊敬して、親しくさせていただいている人ではあるんですが、私もそう思いますよ。ただ、講演のテーマは「外交」でしょ。ということは、別の人を指しているんじゃないですか。大事なときに必ず転びそうな人がいるということですよ。

(略)

邦丸: 日本の政治家のなかで・・・・・・。

佐藤: まさに、今のトップですよ。(略)アメリカとの関係とか。私は森発言は「掛け言葉」だと思いますよ。

伊藤: わあ、深~い!

佐藤: 日米関係で、集団的自衛権とか大事なときに転ぶということですよ。

(略)

邦丸: へえ~。インテリジェンスの世界でいうと、そういうことですか。

佐藤: 安倍総理もそのように受け止めていると思いますよ。

(略)

邦丸: 森さんが意図的に安倍さんに発しているのだとすれば、ツルンと口が滑ったということではないのかもしれませんが、われわれ生きていれば、本意と異なるようなことが、ぽろっと口から出ちゃうことがありますね。「口が滑る」と言いますけれど。

佐藤: しかし、本意とは異なると言いつつ本意がぽろりと出たときが、いちばんヤバいんですよね。

伊藤: 本音だから出ちゃうんですね。

佐藤: フロイトが『精神分析入門』で、「間違い(錯誤行為)」というのは本当のことで、「意図しているのにそれを抑圧している」ことが出てしまうものだと書いています。(略)だから「ぽろり」は意外と怖いんです。