サッカー
1トップは柿谷か、それとも大迫か? 「どちらか」ひとりではなく、「どちらも」使うという考え方もある
〔PHOTO〕gettyimages

「チームコンセプト」と「チームの輪」

アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表が、3月5日にニュージーランドと対戦します。

「えっ、ニュージーランド? もっと強いところと試合をしたほうがいいんじゃないの?」と、思う方がいるかもしれません。チームの"強化"を最優先に考えると、ニュージーランドが物足りない相手なのは事実です。

2002年の日韓ワールドカップで、私は日本代表のコーチを務めました。その経験に照らし合わせてみると、ニュージーランド戦の意図が浮かび上がってきます。

昨年11月のベルギー戦を最後に、日本代表は試合を行っていません。ニュージーランド戦は、およそ4ヵ月ぶりのゲームとなります。この空白期間を埋めることが、今回の試合のひとつ目のテーマでしょう。「チームコンセプト」の確認です。

ザック監督のもとで何十試合も消化してきた選手ばかりですから、頭の中ではコンセプトを理解しています。ただ、日本代表と所属クラブでは、必ずしも役割が同じではありません。

たとえば本田圭佑は、日本代表なら「トップ下」と呼ばれる中盤の中央が定位置です。しかし、ACミランでは中盤の右サイドでプレーしています。ドイツ・ブンデスリーガで好調な岡崎慎司も、クラブと代表ではポジションが変わります。

代表とクラブでポジションが同じでも、与えられる役割が異なる場合もあります。

このタイミングで眠っていた感覚を呼び覚まし、「日本代表ではこういうプレーをしなきゃいけないんだよな」と、選手たちに改めて感じてもらう機会がニュージーランド戦なのです。

そのためには、世界のトップクラスよりも自分たちと同等、あるいは少し力の落ちる相手と対戦するほうがベターです。強豪国に翻弄されたら、コンセプトの確認どころではなくなってしまいます。

ふたつ目のテーマは「チームの輪」を深めることです。短い期間ですが寝食をともにすることで、ザッケローニ監督と選手、選手同士が理解し合う機会とするのです。

海外でプレーしている選手にとっては、所属クラブ公認で帰国できる貴重な機会です。自分の身体を良く知る日本代表のメディカルスタッフに、「実はちょっとここが気になるんだけど」といった相談もできます。

ニュージーランドとの真剣勝負に臨みつつ、ピッチ外でも充実した時間を過ごすことができるでしょう。これは、国内でテストマッチを行なう大きな利点です。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら