11万坪の敷地を走って移動!? マレーシアの名門寄宿舎学校で時間管理を学ぶ小学生の話

シンガポールにほど近いマレーシアのジョホールバルに開校した英国の名門寄宿舎学校、マルボロカレッジ・マレーシアに通う方の話を聞いた。結論から言えば、子供の頃から時間に追われる充実した学校生活にうらやましさを感じた。

キャサリン妃が通った学校

中国正月の終盤にシンガポールを訪ねた際、シンガポールで有名な日本人起業家とそのご家族とパワフルで美味しい晩餐を共にした。場所は、その静かさと、病院や学校、高速道路やショッピングエリアへのアクセスのよさで日本人に人気となっているノビナ地区。お嬢さんが名門マルボロカレッジに合格された話も聞きたかったので、ご家族全員との会食になった。

マルボロカレッジといえば世界的に知られた名門校だ。イギリスのウイリアム王子と結婚されたキャサリン・ミドルトンさんが中学、高校時代に通っていた学校でもある。イートン校(英)やフィリップスアカデミー(米)と並んで、世界の名門中等教育機関と言われている。その敷地は約90エーカー、つまり約11万坪! そこに教室8棟、学生寮14棟、テニスコート10面、 ラグビー場6面、サッカー場2面などの施設を構える。

授業ごとに教室が異なり、中には体育の授業もある。にもかかわらず、授業間の休憩時間は5分間のみ。この広大な敷地を生徒たちは走って移動しているという。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら