雑誌
『失望』大統領と『逆ギレ』総理、本当はお互いの顔さえ見たくなかった「オバマ来日」決定までの全内幕
こちらも安倍首相が大嫌いなオバマ大統領〔PHOTO〕gettyimages

人間、ウマが合わない人とは、とことん合わないものだ。だが、日本とアメリカの最高権力者同士の話となると困ってしまう。締結後63年を経た日米同盟は、大統領来日前に最大のピンチを迎えた。

「オバマは冷たい男だなあ」

2月12日、米ホワイトハウスは、「オバマ大統領が4月に、日本、韓国、マレーシア、フィリピンの4ヵ国を訪問する」と発表した。

オバマ大統領の来日が決まった。4月22日から23日まで1泊2日の予定。安倍晋三首相とオバマ大統領のTPP(環太平洋パートナーシップ協定)を巡る最終交渉の場となる可能性もある。

だが、安倍首相とオバマ大統領の視線は、もはや修復不可能とも思えるほど乖離してしまっている。相互不信が重なり、まるで離婚寸前の仮面夫婦のような関係なのだ。

2月19日に、衛藤晟一首相補佐官がユーチューブに投稿した次の内容が問題視された。

〈むしろわれわれの方が(アメリカに)失望だ。(オバマ政権は)同盟関係の日本をなぜこんなに大事にしないのか〉

これは安倍首相の気持ちを、素直に代弁したに過ぎない。

実際、オバマ大統領の来日が決まるまでには、紆余曲折があった。