[障害者スポーツ]
伊藤数子「なぜ、障害者スポーツを事業化するのか」

 熱戦が繰り広げられたソチオリンピックが幕を閉じました。日本は国外開催としては最多となる8個のメダルを獲得し、大いに盛り上がりました。メダリスト以外でも、見ている者を十二分に魅了してくれた選手や競技があり、改めてスポーツの力を感じることができた17日間でした。3月7日からはいよいよパラリンピックが幕を開けます。そこで今回は、障害者スポーツとビジネスについて一考いたします。

「おまえら障害者をネタに商売する気か!?」
 これまでこのようなことを何度言われたことでしょうか。障害者スポーツのイベントや体験会など、これまでにはなかった新しい事業を行うと、必ずと言っていいほど言われてきました。

 まだ障害者スポーツについて右も左もわからなかった当初の私は「はい、そうです」とも「いえ、違います」とも言い切れなませんでした。しかし、今ならはっきり言えます。「はい、私は障害者スポーツを商売として成り立たせようとしています」と。

「商売」と言うと、なんだかお金の亡者のようなイメージがあって、悪い人みたいに聞こえてしまいます。では「ビジネス」という言葉はどうでしょう。これも少しきつい感じがします。では、「事業」はどうでしょうか。
「私は障害者スポーツをしっかりとした事業にしていきます」
 これなら違和感なく聞こえる人もいるのではないでしょうか。

 そもそも一般のスポーツは立派に商売が成り立っているのに、なぜ障害者スポーツはそのように言われるのでしょうか? そこには、やはり障害者スポーツへの偏見があるように思われてなりません。

 なぜ、私が障害者スポーツで事業できると考えているのか。それは障害者スポーツは一般のスポーツと同等のものだと思っているからです。そもそも事業とは、商品やサービスをつくり、それをもって社会に価値を提供し、その対価として金銭を獲得すること。これが、ごく当たり前の姿であり、自然な姿です。購入者は、その商品やサービスの価値を認め、必要としているからこそ、あらかじめ決められた額のお金を支払うのです。これと同じ当たり前のことが、障害者スポーツでも成り立つはずです。つまり、障害者スポーツにもそれだけの価値がある。だからこそ、私は障害者スポーツをしっかりとした事業にしていきたいと思っているのです。