中国
習近平主席が力説する「社会主義の核心的価値観のトレーニングと拡大」とは
2月25日の天安門広場 〔PHOTO〕gettyimages

3月5日から、年に一度の全国人民代表大会(国会)が開幕する。今年はというべきか、今年もというべきか、凄まじいPM2.5の粉塵の中での開幕となる。約3000人の議員たちにマスクを配るのだろうかと、他人事ながら心配になってくる。

全人代の模様は次週のこのコラムでお伝えするとして、先週も様々なことが北京で起こった。

「もっと庶民に緑地と空間を与えてやりたくなった」

中国国営新華社通信によれば、習近平主席は、2月24日と25日の二日間を、北京視察に充てた。24日午後、北京市の自来水グループの第9水処理場を訪れた習近平主席は、下水の浄化にかかるコストから雨水の利用率まで、次々に質問を浴びせた。

2100万北京市民が一年間に利用できる水資源は、21億立方メートルに過ぎず、一人あたり100立方メートルしかないという。典型的な「人多水少」の水不足都市だ。

習近平主席は、「地溝油はどこへ行ったのだ?」と聞いた。「地溝油」とは、下水油のことで、下水油を食用油としてレストランに流通させる業者が全国に300万人もいると報道されたことがあった。

そこで市の担当者が緊張気味に答えた。

「北京市の各地区に油脂の処理場があり、年間10万トンも回収して廃棄しており、その他、70万トンを民間業者が処理しております」

習近平主席はすかさず問うた。

「まさか麻辣スープに使っているのではあるまいな」

「管理監督を徹底させておりますので、そのようなことはありません」