[野球]
佐野慈紀「岸を彷彿させた中日・ドラ1鈴木翔」

 2月1日、例年通り、プロ野球12球団のキャンプが一斉にスタートしました。いよいよ球春到来ですね。今季はどんな展開になるのか、そしてどの選手が活躍するのか、今から楽しみにしている野球ファンも少なくないでしょう。もちろん、私も同じです。この時期になると、胸の高鳴りを抑えることができません。今回もキャンプ視察に行ってきましたので、私が注目した選手を何人か挙げたいと思います。

効果抜群のインステップ修正

 まずは昨季、新人王こそ小川泰弘(東京ヤクルト)に譲ったものの、高卒ルーキーながら先発ローテーションに入り、10勝(6敗)を挙げた藤浪晋太郎(阪神)です。一番の変化は、昨秋から取り組んできた、ステップする左足の修正です。これまでの藤浪は3足半分、三塁側にステップする、いわゆる“インステップ”でした。今はまだ若いので大きな影響はありませんが、あまりインステップの幅が広いと、その分腰のひねりが必要になってくるため、身体への負担が大きいのです。そこで、インステップの幅を3足半から2足半と、1足分改善したフォームへと取り組んできました。

 キャンプでは、その成果が既にあらわれていました。体重が増えて、昨季以上に身体が大きくなったこともありますが、明らかに球の強さが増していたのです。その理由のひとつとして、インステップを1足分小さくしたことによって、リリースポイントがさらに前になり、しっかりとボールをたたけていることが挙げられます。そのために、打者の手元でのボールの強さが増し、紅白戦でも主力打者がさし込まれているシーンがよく見受けられました。また、昨季はやや苦手としていた左打者に対しても、インサイドへのボールをしっかりと投げることができていました。左打者が振り切れていませんでしたから、やはり手元での伸びがあるのでしょう。

 一方、変化球はまだアジャストしていない感じではありました。真っすぐが8割方、理想のかたちとなっているとすれば、変化球はまだ6割というところでしょうか。とはいえ、藤浪自身に特に焦りはないようです。ゆっくりと自分のペースでできている様子でしたので、順調なのでしょう。よく言われる“2年目のジンクス”もまったく気にしておらず、「昨季以上の成長を」という向上心のみでキャンプを過ごしている感じがしました。