[BCリーグ]
群馬・松永浩美コーチ「プレーの幅を広げる人間的成長」

 今季、群馬ダイヤモンドペガサスの野手総合コーチに就任した松永浩美です。今回の就任の話は、糸井丈之会長からいただいたものでした。実は糸井会長とは面識がありました。5、6年前になりますが、糸井会長が、私が埼玉県で行なっている野球塾「松永少年野球教室」(MBA)へ見学に来たのです。その糸井会長と、このようなかたちで再会するとは、人の縁というものは不思議ですね。

 正直、私はこれまで独立リーグにはほとんど興味を持っていませんでした。しかし、子どもたちが野球を続ける環境を整えるという意味では、独立リーグはひとつの大きな受け皿となっています。その手伝いをするということの意味を考え、今回はコーチを引き受けました。もちろん、引き受けたからには、中途半端な気持ちではありません。しっかりと指導していきたいと思っています。

 私は「ああしろ、こうしろ」という押しつけが嫌いです。ですから、特にバッティングについては、最初はいじらずに、各選手の個性をじっくりと見ていきたいと思っています。一方、川尻哲郎監督が目指すのは、「ピッチャーを中心とした守りの野球」。ですから、守備に関してはフォーメーションなど、細かいところも教えていきたいと思っています。

 本来であれば、じっくりと育てていきたいのですが、そうは言っても、選手たちにその余裕はありません。NPBを目指すのであれば、4~7月の前期での活躍は不可欠です。そこで、いかにプロのスカウトにアピールできるかがカギを握ります。つまり、4カ月しかないわけです。

「キャンプやオープン戦の時期には、仕上がっているくらいでないとダメだぞ。キャンプから身体をつくろうなんて考えていたら、遅いからな」
 昨年12月のドラフト会議で、私はこう新人選手に言いました。果たして彼らがオフにどれほどやってくるのか……。もちろん、やってこなかった選手はそれだけの気持ちだということですから、試合では使いません。そのことも選手たちにははっきりと言っています。

 独立リーグはプロですから、球場に足を運んでくれるお客さんには、入場料を払ってもらい、試合を観てもらうわけです。ですから、それ相応のプレーをお見せしなければいけません。「こんなんでいいだろう」というような甘い考えの選手を出すことはできません。そうしたプロ意識もしっかりと持ってもらいたいと思っています。