[裏方NAVI]
中山美幸(アイスホッケーレフェリー)<後編>「再び五輪の舞台へ」

 17日間にわたって熱戦が繰り広げられたソチオリンピックが、23日(現地時間)に幕を閉じた。1998年長野大会を除く、国外開催のオリンピックでは初の出場を果たした“スマイルジャパン”ことアイスホッケー女子日本代表は、通算5戦全敗で最下位に終わった。しかし、下を向いている暇はない。最後の7、8位決定戦でのドイツ戦、試合終了の合図は、ソチ大会の終わりを告げるとともに、4年後のスタートを切る合図でもあったはずだ。そして、それはレフェリー中山美幸にとっても、同様である。4年後を見据えた戦いは、既に始まっているのだ。

 メンタル面での素質

「もしもし……」
「中山、オマエ今どこにいるんだ!?」
「えっ!? 自宅ですけど……」
「オマエ、今日はゲームで笛を吹くことになっていただろう! 今すぐ会場に来い!」

 今から10年程前のことだ。この日、中山はラインズマンとしてのデビュー戦を迎えていた。ところが、本人はすっかり忘れていたのだという。あわてて会場に到着した時には、既に試合は始まっていた。中山の代わりをしてくれていた先輩レフェリーとすぐに交代し、中山はラインズマンを務めた。普通なら、頭が真っ白になってもおかしくないシチュエーションである。果たして冷静なジャッジはできたのか……。

「自分ではスムーズにできたかなと思いますね。特にとまどうこともなく、最後までできました。当時は選手としてもやっていましたから、それがいきたのかなと」
 中山にはラインズマンとして不可欠なメンタルの強さ、切り替えの早さがあった。

 周囲からの評価も上々だった。アイスホッケーには“アイシング・ザ・パック”というペナルティーがある。センターライン前から放たれたパックが、一度も選手に触れることなく敵陣のゴールラインを越えた場合、ペナルティーを犯したチーム側のゴールに最も近いスポットからのフェースオフ(審判がパックを落として奪い合う)で再開される。つまり、自陣のゴールに近いところでの再開となるため、不利となるのだ。

 その試合、一度レフェリーがアイシングとジャッジしたものを、中山は「ノー」と叫びながらワンタッチのしぐさをした。レフェリーのいる角度からは見えていなかったが、中山はパックが一瞬、選手に触れているのを見逃さなかったのだ。
「私自身は、特別なことをしたとは思っていませんでした。でも、その場面を見ていた先輩が『あいつ、センスあるな』と言ってくれていたそうなんです」

 中山がラインズマンとしてやり始めた頃からレフェリーやラインズマンとしてペアを組み、指導している高橋裕一は、彼女のメンタルの強さをこう語る。
「彼女がラインズマンとしてやると聞いた時は、正直、『こんなに小さな身体で大丈夫かな』と心配でした。国内では女子だけでなく、男子の試合もしなければいけませんからね。でも、彼女はすごく芯がしっかりしていました。いい意味で気が強くて、何事にも動揺しない。国際大会でも、萎縮することなく堂々としていますよ」
 ラインズマンとしての素質が、中山には備わっていた。