格差、尊厳、そして自由~アメリカにおける医療保険制度改革~
『現代ビジネスブレイブ グローバルマガジン』---「ニューヨークタイムズ・セレクション」より
〔PHOTO〕gettyimages

21世紀の労働者の尊厳とは何か

アメリカの連邦議会予算事務局が、オバマケアが雇用を損なうということを明確に拒否したいま、共和党の中にはこの件に関し、これ以上ウソをつくのはやめて、議論の矛先を変えた者もいる(決して全員というわけではないが)。彼らがこれまでの主張をやめ、医療保険改革のために労働時間が減ったのは、労働者自身の自主的な選択によるものだと認めたのは結構なことだ。しかし、それだって悪いことに変わりはない。なぜなら、共和党のポール・ライアンが言うように、彼らは「労働の尊厳」を失うからだ。

そこで、21世紀のアメリカで労働の尊厳が何を意味するのか考えてみたい。

労働の尊厳について抽象的な話をするのはいっこうに構わない。しかし、とてつもない報酬の格差があるにもかかわらず、労働者の誰もが同じ尊厳をもっているかのような話は、あまりにもばかげている。2012年に、トップ40人のヘッジファンドマネージャーとトレーダーの報酬は合計して167億ドルだった。これは40万人の一般労働者の所得に相当する。これだけの格差がありながら、労働の尊厳は同じだという話を信じられる者がいるだろうか?

実際、一般労働者の努力に対して、もっとも尊重の念がないように見えるのは、富の宝くじに当たった人々である。

ここ数ヵ月間、腹を立てた億万長者たちが次々に登場し、自分たちの優位性を認めるものとしての敬意がはらわれていない、それは当然はらわれるべきものだ、と延々と述べ立てている。たとえば投資家であるサム・ゼルは、「CNN マネー」サイトで、世間の「嫉妬」からトップ1パーセントの人々を擁護している。彼は、「トップ1パーセントはほかの人より一生懸命働いているし、社会のあらゆる面において、より大きな存在となっている」と主張する。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら