野党バラバラで対抗できす!「自公・プラス・ワン」でさらなる安定図る安倍政権

2014年度予算案は今月末にも衆院を通過する。成立時期に当たる3月下旬の24、25両日に、首相・安倍晋三がオランダのハーグで開催される核安全保障サミットに出席するため、予算案は3月20日にもスピード成立する見通しだ。

予算成立時期は政権の安定度を計るバロメーターでもある。自民党が自由党と連立した直後の99年度予算は最短の3月17日に、この連立に公明党も加わった2000年度予算も同日に成立している。内政、外交にさまざまな問題をかかえ、安倍に近い人たちの失言が相次いでいるのに、なぜこうもスイスイと審議が進むのだろうか?

民・維・み・結の合計支持率ヒトケタ

「ウチは3月4日に衆院通過でいいんじゃないかと言っているんだけど、自民党は今月28日の衆院通過にこだわっていて、そうなりそうなんだよ。野党が抵抗しないんです」

公明党国対幹部はこう語る。与党が意外に感じるほどに、野党が審議に協力的だ。かつて、集中審議開催など徹底審議を求め、与党の国対幹部が顔を曇らせていたころとは雲泥の差だ。

この最大の要因は昨年夏の参院選で自民党が圧勝し、自民、公明両党で過半数を回復、「衆参ねじれ」が解消されたことだ。それまで野党は参院での非協力をにおわせ、衆院での折衝で優位に立ってきた。今国会はねじれ解消後、初の通常国会。ねじれ解消の効果がはっきりと現れたと言える。

しかし、それだけではない。野党があまりにもふがいないことも大きな原因だ。民主党、日本維新の会、みんなの党、結いの党、共産党、生活の党などが結束して与党に対抗することはなく、バラバラに行動している。

議席数で見ると、民主55、維新53、みんなの党以下はヒトケタだ。民主党と維新の会が協力することはあまりなく、野党第1党、民主党の各委員会における理事の数は1人しかいない。こんな状況下で野党が共闘できないのだから、巨大与党に対抗できるはずがない。

衆院予算委員会の質問ぶりを見ていても、舌鋒鋭く切り込んでいるのは民主党の大串博志、玉木雄一郎、維新の中田宏、山田宏ぐらいなもの。民主党元代表の岡田克也が5回も質問に立っているが、切れ味は悪い。

野党にとって国会は存在感を示せる晴れ舞台だが、今国会では与党に一泡吹かせたという場面すらない。したがって、野党に国民の関心は集まらず、政党支持率は自民党がおおむね30%を超しているのに、民主、維新、みんな、結いの支持率の合計は10%以下、ヒトケタ台だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら