雑誌
徹底討論「嫌韓」なぜ、日本人はそんなに韓国が嫌いなのか 声に出して言いにくい「日本の大問題」第3回 辛淑玉×小針進×安田浩一

朝鮮人を皆殺しにしろ—そんな汚い言葉を、一見「普通の人」が吐き出す時代。いまやブームとして定着した感のある「嫌韓」の実態と、ヘイトスピーチの現場を知る専門家が、議論を交わした。

根深い日本人の「差別意識」

安田 ここ数年、「日本では在日(韓国・朝鮮人)が特権を持っている」「在日が日本のマスコミを支配している」などの根拠のないデマがインターネット上で流され、また韓国を異常なまでにバッシングする「嫌韓」がブームのように広がっています。その拡大は目を覆うばかりです。「在特会」(在日特権を許さない市民の会)を中心にしたヘイトスピーチ(差別扇動表現)が、ネット上に溢れかえっています。

小針 '90年代後半からネットが普及したことと、日本における韓国の存在感が増したことで、ネット右翼いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれる人たちの発言が目立つようになってきました。

辛 当初はネットの世界が中心だった「嫌韓」が、今では路上に出てくるようになっています。「チョン死ね」「ゴキブリ朝鮮人を叩き出せ」といった、聞くに堪えないヘイトスピーチや、朝鮮学校や韓国料理店に対する暴力的な嫌がらせが日常的に行われている。レイシズム(人種・民族差別)は、もはや一部の特殊な人たちの問題ではありません。

安田 「朝鮮人を虐殺しろ」—普通に考えれば、とても口に出せないような汚い言葉が、生身の人間に向けて飛ばされている。

辛 私が共同代表を務めているヘイトスピーチに反対する団体「のりこえねっと」には、立ち上げた途端に中傷メールやサイバー攻撃が殺到。サーバーの過負荷状態が発生しました。昨年1年間に全国で起きた差別デモは、分かっているだけで360件以上。毎週のように、日本各地で在日韓国・朝鮮人を標的にした差別デモや組織的な嫌がらせが起きています。

安田 最近のデモを見て思うのは、とにかく参加者が楽しそうなんですよ。引きつった顔で怒りの拳を振りあげているようなイメージは全然ない。

辛 上手にリズムをとりながら「殺せ、殺せ、朝鮮人」と歌ったりしていますよね。

小針 排外的なフレーズが、まるで娯楽感覚ですね。どういう人たちが参加しているんですか?

安田 下は中学生から上は70代まで、老若男女問いません。よく、差別デモに参加するのはフリーターなどの非正規労働者や、若い低所得者だと言われます。私もかつてはそう考え、日常生活への鬱屈した不満が「韓国」や「在日」への罵倒へと転化されていると考えていました。そうした人も少なくありませんが、現状を見ると女性やサラリーマンの姿も目立つ。一見して「普通の人」たちです。あらゆる属性の日本人が差別を楽しんでいる。

小針 ネットが差別や偏見を増幅していくのは、日本も韓国も同じです。アクセス数を稼ぐために扇情的な反日記事を掲載するサイトが、韓国にもたくさんあります。私は、日韓関係の悪化を先導しているのは、政治家とメディアだと思うのです。日韓とも国会議員は票のために、メディアは売り上げのために「嫌韓」「反日」を過激化させています。そしてそれが国民の罵り合いに油を注いでいる。

 特に今、日本のメディアは盛んに「嫌韓」モノを扱っています。韓国大統領の反日的な言動なども背景にあって、「嫌韓」がネトウヨだけではなく、より広く国民に受け入れられている。

安田 しかし韓国で「反日」本が書店の棚を占めるなんてことはないですよ。

辛 韓国や在日への差別が、ブームとして気軽に「消費」されている。しかし「嫌韓」そのものは必ずしも新しい現象ではありません。日本社会は在日韓国・朝鮮人や、韓国・北朝鮮を上から見下す差別意識をずっと持ってきました。

小針 はっきりさせておきたいのですが、韓国あるいは北朝鮮という国家に対する正当な異議申し立てと、在日韓国・朝鮮人への悪質な民族差別とは、区別しなければいけません。

安田 日本に在日がいるのは日韓併合の結果であって、現在の韓国・北朝鮮とは関係ありません。在日への差別は日本の国内問題なのに、なぜか日韓問題、日朝問題だと誤解されています。

辛 結局は在日も韓国も北朝鮮も、日本人は一山いくらで「朝鮮」としか見ていないんです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら