[ウインタースポーツ]
白戸太朗「外圧の功績 ~ニセコの場合~」

街の標示も英語ばかりで……

「英語が話せなくて買い物に不自由した」
 このようなことは海外旅行などでは珍しくない経験だが、日本国内でもこんな経験ができる場所、いや、してしまう場所がある。噂には聞いていたが、実際に行ってみると驚くべき外国人率の高さ。道行く人はもちろん、英語のみの看板、建築物の雰囲気……まるで海外に来ている錯覚に陥るほどだ。そう、ここ「Niseko」(北海道倶知安町、ニセコ町)はオーストラリア人を中心とした外国人の一大リゾート地と化している。

 従来から雪質の良さでは知られていたニセコ。そこに目を付けたのがアウトドア好きのオーストラリア人だった。バイタリティ溢れる人たちが 10年程前から遊びに行くようになり、そのうち友人たちを連れて行くようになり、住みつくようになった。さらに、自国から来る人たち向けにビジネスをスタートし、海外の資本を呼び込むなど、あれよあれよという間に、ニセコ村外国人移住区が生まれたというのだ。

 なぜニセコだったのか。いくつかの理由があったようだが整理してみると、「雪が良かった」「アクセスが良かった」「地元の受け入れが良かった」「夏の気候が良かった」「自然環境が良かった」というところになるようだ。

 雪質がいいのは地理的、気候的な条件が整っていたおかげだ。近年はカナダからも「自国よりも雪がいい」と訪れる人が増えてきているそうだ。確かに重くない、軽すぎないパウダースノーはウインタースポーツをやる者には堪らない。そしてアクセスの良さだ。これも重要な要素で、オーストラリアからの直行便がある千歳空港からそれほど遠くないことが功を奏した。

 さらに地元の態勢が、外国人に対して否定的でなく、むしろ役場に外国人対応を導入したりするフレキシブルさを持っていた。観光収入が下がっている道内の町の中でも、その寛容さは際立っていたと言える。夏場の気候や環境も大切で「夏のニセコがあるから冬も我慢できるんだ」というアウトドア好きなオーストラリア人もいるくらいだ。つまりウインタースポーツだけでなく、夏場の心地良い気候や、山、川に恵まれた自然の中で様々なアウトドア・アクティビリティが楽しめるというのも大きな魅力になっている。

 しかし、これだけ一度に異文化の人が沢山入ってくると当然、様々な摩擦が起こる。生活習慣が違うことが原因で、細々と問題もあったらしい。しかし、それも受け入れ側が要領を得てくると徐々に減ってくる。もちろんゼロにはらないが、お互いの努力で歩み寄れるのだろう。外国人タウンはすっかり倶知安町、ニセコ町の顔になっている。