雑誌
世界一の投資家ジョージ・ソロスが「日本株売り」これから何が起きるのか ダボス会議で安倍と会談した直後、あの男が動き出した
巻頭大特集アベノミクスに「大異変」!
〔PHOTO〕gettyimages

外国人投資家が次々逃げ出す?本格的な下げが始まる?

40年以上にわたり年平均20%の利益を上げてきた「投資の神」は、83歳のいまも前線に立つ。相手の蟻の一穴を突くや、兆円規模のカネをつぎ込んでなぎ倒してきた。狙われたらひとたまりもない。

「安倍はリスクを選んだ」

出会いの握手があれば、別れの握手がある。世界一の投資家、ジョージ・ソロスが安倍晋三首相と結んだその手は、「グッドバイ」のメッセージを告げていた。

「ソロスが日本株売りを仕掛けているぞ」

スイス・ダボスで開かれた世界経済フォーラムで、ソロスと安倍首相が会談したのは現地時間1月22日の午後である。マーケットにソロスの「日本売り」の噂が駆け巡ったのは、会談後間もなくのことであった。

左ページ上の写真は、二人が「握手」をしたその瞬間をとらえている。

ソロスの右手には、老練な駆け引きで挙げた「勝ち星」を刻むようにいくつものシミが浮かんでいる。推定資産2兆円という天文学的な額を、その手で一代で稼ぎあげてきた。

地球儀を眺め回すように、いとも簡単に世界中の経済事情を射抜く青い目は、この日、20歳以上年の差がある「若造」の力量を試すように見開かれていた。

ソロスは見抜き、そしてつながれた手は離れた。

翌23日、東京株式市場は朝方こそ買いが入り日経平均株価は上げ基調で始まったが、午後に入ると海外勢とみられる売りが加速し、3日ぶりの反落となった。