『図解 内臓の進化』
形と機能に刻まれた激動の歴史
岩堀修明=著

メニューページはこちら

内臓に隠れた思想と戦略を読み解く!

「こういう一冊が欲しかった」
小飼弾氏絶賛『図解 感覚器の進化』に続く
進化の大河ドラマ第2弾!
水中から陸上へ 肉食から草食へ
そのとき、内臓に何が起きたのか?


はじめに

 内臓とは、体内にある器官系のうち呼吸器系、消化器系、泌尿器系、生殖器系、内分泌系の5つを一括したものである。しかし、これらは発生のしかたも、形態も、機能も、まるで違っている。異質な器官系をひとまとめにして「内臓」と呼んでいるのである。

 わが国は長い間、東洋医学の強い影響下にあり、人体には「五臓六腑」があると考えてきた。だが、そこには実際には存在しない器官まであり、いわば観念にもとづく内臓観であった。

 16世紀になって西洋医学の情報が入ってくるにつれ、わが国の医師たちにも、東洋医学への疑問が生じてきた。宝暦4年(1754年)に山脇東洋が刑死体を解剖し、明和8年(1771年)には杉田玄白、前野良沢、中川淳庵らが「腑分け」を見学して、五臓六腑説が実際の所見とは著しく違うことに驚嘆している。これが契機となって、「ターフェル・アナトミア」の翻訳が始められ、3年半もの苦闘を経て「解体新書」という労作ができあがった。わが国の「解剖学」は解体新書の完成によって始まったのであり、五臓六腑説と袂を分かった「内臓学」もまた、このときが端緒となったのである。

 ところが、わが国の先駆者たちが範とした西洋医学にも、確固とした内臓観があるわけではなかった。最初は体の中にあるものすべてを内臓と呼んでいたが、その言葉の指す範囲は時代とともに、そのときの慣例に従って変化してきた。

 このように内臓というものの概念は、東洋医学のように観念的であったり、西欧医学のように慣例的であったりと、決して理論的なものではない。5つの器官系を統括するような理念といえるものはなく、著しく統一性を欠いている。

 だが一方で、医学部6年間の課程で大きな割合を占める解剖学の授業のうち、約7割は内臓に関する授業であり、実習である。内臓はさまざまな病気の巣窟であり、臨床医学の授業でも、内臓に関する科目が大きな時間を占めている。人体の中で内臓が大きな比重を占めていることは、確かなのである。

 ここで内臓について実感をもっていただくために、ホルマリン処理したラットを解剖する場面を想像していただこう。

 腹部の前腹壁を除去すると、腹腔の中に消化管が、盛り上がるように、びっしりと詰まっている。右上部には大きな肝臓があり、左上部には赤黒い色をした小さな脾臓が見える。

 消化器系全体を取り出してみる。体長25㎝ほどのラットでも、そのボリュームは握り拳ほどもある。動物にとって食物を消化し、栄養分を吸収するということは、とてつもなく大きなスペースを必要とする仕事なのだと実感できる。

 消化器系を取り出し、空になってしまった腹腔には、後腹壁に押しつけられるように、泌尿器系の腎臓がへばりついている。大きさは親指の爪ほどしかない。ラットがメスならば、腎臓とともに生殖器も見える(オスの生殖器系の主要部分は陰嚢の中にある)。メスの生殖器系は子宮、卵管、そしてその先にある米粒大の卵巣である。消化器系の圧倒的なボリュームに比べると、泌尿器系も生殖器系も、非常に小さく感じられる。

 次に、胸部を見よう。前胸壁を除去し、正中部の胸腺を取り去ると、中央に心臓を含んだ縦隔があり、その左右に呼吸器系の肺が入っている。表面が滑らかで、柔らかいスポンジのような感触のそれには、消化器系のようなインパクトはない。肺を取り去り、縦隔と横隔膜を除去すると、残るのは胸壁と腹壁だけである。これらは皮膚、筋、骨でできた薄い壁であり、内臓を覆い隠すカバーでしかない。体の主役は、内臓なのだ。

 内臓を知るための最良の方法は、自分の手で実際に触り、自分の眼で観察することである。これまで私は多くの方々のご好意により、たくさんの動物に接することができた。その結果得られた内臓についての所見をまとめたら、私なりの「内臓学」ができるかもしれない。そう考えて精力的に取り組んでみたのだが、実際に作業を始めてみると、内臓は想像以上に変化に富み、統一性のないものだった。

 内臓を構成する器官系の構造や機能を逐一記載していくだけでは、まとまりのないものになってしまう可能性がある。そこで本書では、ヤツメウナギなどの円口類から私たちを含む哺乳類まで、脊椎動物の進化を時間軸におき、内臓を構成する器官系がさまざまな環境の変化にどう対応してきたのか、その軌跡に重点を置いてまとめてみた。

 さらに、脊椎動物の内臓とは違った、異質の内臓がありうるのかどうかを知るために、昆虫類の内臓を観察してみた。

 この本で最終的に私がめざしたのは、ヒトの内臓をよりよく知っていただくことである。本書を読んでくださった皆様が内臓の意義を理解し、内臓に興味をもってくだされば幸せである。

 なお、本書の用語は「学術用語集動物学編」(日本動物学会編)、「解剖学用語」(日本解剖学会編)、「生理学用語集」(日本生理学会編)に準拠した。
 

著者  岩堀修明(いわほり・のぶはる) 
一九三八年東京都生まれ。京都大学医学部卒業。一九八一年、長崎大学医学部教授。二〇〇三年、長崎国際大学健康管理学部教授。専攻は解剖学。著書に『図解 感覚器の進化』(ブルーバックス)、『新生理科学大系 第10巻 運動の生理学』(医学書院・共著)、『神経解剖学』(金芳堂)、『解剖生理学テキスト』(文光堂)、『栄養科学イラストレイテッド解剖生理学 人体の構造と機能』(羊土社・共著)など。翻訳書に『図説中枢神経系』『図説人体解剖学』(いずれも医学書院・共訳)などがある。
『図解 内臓の進化』
形と機能に刻まれた激動の歴史

岩堀修明=著

発行年月日:2014/2/20
ページ数:288
シリーズ通巻番号:B1853

定価:本体 980円(税別)
     ⇒本を購入する(Amazon)
     ⇒本を購入する(楽天)


(前書きおよび著者情報は初版刊行時点のものです)