[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「雨降って地固まる」

雨続きでも優勝した阪急

 2月8日から14日まで今治市で実施した強化合宿は、まさかの雪に見舞われました。グラウンドで練習できたのはわずか1日。当然、実戦形式の練習はできず、ピッチャーがフリーバッティングに登板する機会もつくれませんでした。シーズンに向けたプランは、いきなり変更を余儀なくされたものの、僕はむしろ「雨降って地固まる」と前向きにとらえています。

 なぜなら、ピッチングやバッティング練習ができない分、下半身や体幹の強化といった体づくりの時間にあてられたからです。また、全体ミーティングも実施し、守備のフォーメーションをはじめとするチームの約束事をじっくり話す時間もつくれました。

 キャンプはシーズンを戦う準備をする上で、非常に大事な時間です。野球界では「1年の計はキャンプにあり」との言葉もあります。ただ、僕の経験上、計画通りにキャンプができないからといって悲観することはないと感じています。

 阪急での現役時代、キャンプ期間中に雨が続き、室内ばかりで練習したことがありました。しかし、その分、基礎体力の向上や基礎練習を繰り返し、最終的にチームは優勝したのです。

 キャンプも重要ですが、もっと重要なのは、そこで取り組んだことを1年間、継続してできるか。キャンプでやったことが春先の開幕ダッシュにつながり、春先の蓄えが、今度は夏場を乗り切る力になります。そして夏に頑張ったことが秋に生きてくるのです。

 独立リーグの場合はNPBと違って、1週間に行われるのは平均3試合。残りの4日間は練習ができます。その間に試合で出た反省点を改善したり、さらなるレベルアップをはかる時間がとれるのです。今回、今治で取り組んだトレーニングや、チームとしての基本的な考えをシーズンを通じて実践していければと考えています。