結婚の様々な悩みに小説家の山本文緒さんと漫画家の伊藤理佐さんがエッセイと漫画で答える『ひとり上手な結婚』。文庫化を記念してお悩み記事を特別無料公開!

力の強すぎる妻から助けて!

結婚して13年。妻への不満には普通に目をつむり、子どももいて、ごく普通の平和な家庭だと思っていました。しかし最近私を起こす妻の腕力に閉口するよう になってきました。私が起きないからいけないのかもしれませんが、半分ラリアットのようにお腹に乗ってくるわ、急所蹴りをしてくるわ、先日はベッドから落 とされてしばらく動くことができませんでした。このままでは本当に怪我するのではと心配です。(48歳 克也 結婚13年)

* * *

テレビでダウンタウンの浜ちゃんが、松ちゃんや他の芸人さんをパチコーンって叩くのを観るのは爽快だと思いませんか?

私はお笑い番組がとても好きでよく観ます。でも好きな芸人さんが出ていれば何でもいいというわけではなくて、違う畑のタレントさんが混じっているバラエティー番組はあまり好きじゃないです。というのは“つっこみの人”がボケた人を思いきり叩けないからですね。芸人さんだけが出ている番組だったら、つっこみ役の人はボケ役の人をスリッパとかはりせんでバチーンと叩けて、それはそれは観ていて気持ちがいいです。もちろん容赦なく叩けばいいわけではなくて、そこには強弱と緩急と絶妙の間があるわけで、それを間違えると観ている方は笑えません。まだ若くて気持ちに余裕がない芸人さんだと、つっこみの際の叩きが力んでしまって、笑う以前に「痛そう~」って思ってしまいます。

いきなりお笑いの話じゃ分かりづらかったですか。では、動物や小さい子供ではどうでしょう。

前にも書きましたが、私の飼い猫・さくちんは乱暴者です。あいつがライオンだったら私はとっくに死んでいます。そのくらい人間に噛みつきます。でもさくちんは私が憎くて噛みついてくるわけではありません。むしろさくちんは私のことが世の中で一番好きだと思う。さくちんはじゃれて遊びたいだけなので、私も時間が許す限り遊びに付き合います。

部屋中追いかけっこをしたり、がしっと捕まえて頭をもじゃもじゃしたりすると大喜びしますが、それをやり過ぎると興奮して加減がわからなくなりがっぷり噛みついてきます。私が悲鳴を上げて「痛いよ!」と思わず怒鳴ると、何で怒られたかわからないさくちんは「シャーッ!」となって、楽しい遊びの時間が険悪に終わります。きっと小さい子供同士の喧嘩もプロセスとしたら同じようなものなのではないでしょうか。