政治政策
〝最後のドン〟森喜朗氏が語った『日本政治のウラのウラ』に見る政界50年の「人脈」と「気配り」
「五輪の顔」でもおなじみ[PHOTO]Getty Images

30年にわたる「盟友」田原氏との関係

森喜朗・元首相の証言をジャーナリストの田原総一朗氏が聞き手となってまとめた『日本政治のウラのウラ』(2013年12月講談社刊)が面白い。2020年東京オリンピックの組織委員長に就任、安倍首相に「政治の師匠」とまで言わしめる森氏は議員バッジを外したとはいえ、まだまだ「生臭い」。30年来の付き合いである田原氏が森氏に斬り込んだ本をまとめたのは、当然、森氏がまだ「過去の人」ではないからだ。

私は森・元首相には直接取材したことがないが、失礼ながら、ここまでモノを良く考えている人だったのか、と改めて見直した。対談本は不出来なものが少なくないので、私は日頃読まないのだが、この本は対談形式によって相手から深い話を引き出すことに見事に成功している。珠玉の対談本と言っても過言ではない。何せ、聞き手と語り手が30年にわたる付き合いで、お互いを知り尽くしているだけに、容赦なく聞き、腹蔵なく語っているのだ。

帯には、聞き手の田原氏について、森氏の「盟友」と書いてある。盟友とはどういう意味か。ベタベタの友人関係ではもちろんない。森氏が首相だった当時、最も激しく攻撃していたジャーナリストのひとりが田原氏だったように記憶する。ジャーナリズムも森氏に罵詈雑言を浴びせていたし、森氏も攻撃するマスメディアを完全に敵視していた。田原氏の番組は常に自民党執行部から問題視されていた。

そんな2人の関係はどんなものか。恩讐を超えてという面もあるが、確かに、盟友に違いないと思う。だからこそ、本書では本音を引き出せているのだ。

あとがきに森氏が書いているが、森氏と田原氏の付き合いは、30年以上前の田原氏主宰の勉強会だったという。実はこの勉強会が田原流の人脈構築術の1つなのだ。これはと思う政治家や官僚、ジャーナリストを集めた勉強会を田原氏はいくつも主宰している。人気番組だった「サンデープロジェクト」が打ち切りになった時にインタビューで聞いたところ、月に7つ勉強会をやっていると話していた。今はさらに増えているかもしれない。

テレビ番組で、政治家に罵声を浴びせているのを観て、視聴者の中には失礼だと怒る人がいる。だが、たいがい、そういうケースは田原氏と政治家は、勉強会などの付き合いで言い争いができるぐらい信頼関係ができている。だから、本音で政治家は語り、挑発に乗って怒るのだ。田原討論番組の面白さは、決して瞬間芸ではなく、長年の人脈の上に成り立っている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら