経済の死角
2014年02月18日(火) 

都市ガス事業の全面自由化で、エネルギーの「価格競争」が始まる!

取材・執筆:磯山友幸(経済ジャーナリスト)

懸念される家庭用エネルギー価格の上昇を抑えるために、経済産業省が思いきった決断を下した。同省資源エネルギー庁に置かれた総合資源エネルギー調査会・基本政策分科会の「ガスシステム改革小委員会」(会長、山内弘隆・一橋大学教授)が1月30日、都市ガス事業の全面自由化を大筋で了承したのだ。

これにより、家庭向けの都市ガスにも新規参入が認められ、料金規制も撤廃される見通しで、大口だけでなく家庭用でも価格競争が始まることとなりそうだ。ガスの小売り自由化が進めば、ガス価格の引き下げが進み、電気との競争も激しくなると見られる。上昇が懸念される電気料金の抑制につなげる狙いがある。

経産省は今年夏をメドに制度設計を終え、2015年の通常国会にガス事業法改正案を提出。早ければ2016年にもガス事業の完全自由化が実現する。一般家庭でもガスの供給会社を選べるようになる見通しだ。家庭向け市場の開放で新規参入が増えれば、価格の競争が始まるほか、新たなサービスが生まれる可能性も出てくる。

電力に比べて自由化が進んでいたガス市場

ガスの小売り自由化に踏み切るのは、今のままでは家庭のエネルギー・コストが大幅に上昇すると見られていることが背景にある。原発の停止に伴う火力発電の原料費用の増加などで、家庭用電気料金は上昇基調が続いている。また今後、福島第一原子力発電所事故の処理費用がかさめば、その分が電気料金に上乗せされる懸念も強い。

こうした中で、安倍晋三内閣は電力の自由化を決断。2016年には電力の小売りを全面自由化する方針を掲げている。発送電の分離や小売り分野への新規参入を促進することによって価格競争を促し、料金の上昇を抑え込もうという発想が根底にある。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »
  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS