古賀茂明さんに質問---「もし東京オリンピック開催中に大地震が起こったら原発事故が発生することを誰も考えないのでしょうか?」
古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン Vol081より

Q 脱原発によって日本の原子力関連技術は衰退し、それが今後の廃棄物処分の技術開発に大きなマイナスとなるのでは?

読者: (略)原子力のエネルギー供給についての説明をお聴きし、ますます脱原発の意を強くしたのですが、脱原発によって原子力関連研究の停滞、技術力が衰退することで、今後、現存する原発や廃棄物を処分する技術開発に大きなマイナスとなるのでは?その解決法についてはどうお考えでしょうか、お訊かせください。

A 基本的にその心配はありません。

【古賀さんからの回答】 脱原発を進めると原発関連技術がなくなって困るのではないかという話を聞くと、なるほど、心配だなという気になってしまいますね。でも、基本的にその心配はありません。

廃炉や核のゴミ処理は、原発を維持してもしなくても必要なのは確かです。ということは、そのためのビジネスは確実に存続します。諸外国でも同じです。ということは、日本の国内または、海外に必ず、そのような技術は存続するはずです。その技術者が少なくなれば、その職業が非常に儲かる仕事になるからです。

ちなみに、廃炉の技術と原発を動かす技術は根本的に違います。ドイツの廃炉現場を視察した人が、そこで、「原発がなくなると廃炉の技術者がいなくなるから困るのでは?」と聞いたら、どうして日本人はそんなバカなことを聞くのかという顔をされたという話です。

原発は、斜陽産業です。一方、自然エネルギーやスマートグリッドの技術はこれから飛躍的に需要が伸びていく分野です。これから少子化で希少になっていく若者をどちらの分野に重点的に配分すべきかは自明でしょう。今、日本は、原発技術者はいても、省エネや自然エネで世界に大きく遅れをとってしまいました。その損失の方がはるかに大きいことを考えるべきだと思います。

Q もし東京オリンピック開催中に大地震が起こったら、原発事故が発生するとは誰も考えないのでしょうか?

読者: いつも応援させていただいています。(略)友人とよく話すのですが、「近い将来、南海トラフを中心とした大地震が予想されるのにオリンピック開催中に大地震が起きて原発事故が発生することをだれも考えないのだろうか」ということです。

世界中の人々がきているときに地震&原発事故という最悪の事態に備えるのが国や自治体の役割ではないでしょうか?

いまでも福島第一原発に大きな地震が起きれば東京は人が住めなくなるというのに原発を推進する自民党は小泉氏の言葉を借りればまさに「犯罪行為」そのもの。
この原発をどうするかは国民全体の問題です。(略)

未来への明るい絵が描けるかどうか。
そこが国や自治体のトップがやる仕事だと思います。

A おっしゃるとおり、原発は許されないエネルギーです。

【古賀さんからの回答】 おっしゃるとおり、本来、原発は許されないエネルギーだと私も考えています。だから、無条件で原発即ゼロなのですが、現実には、明日原発事故が起きるかもしれなくても、今日の食べ物のほうが大事だという考え方をする人もたくさんいます。新宿のネオンは自然エネルギーで灯せば問題ありませんよね。

そういう人たちには、いくら原発の非倫理性や危険性を説いても理解してもらえません。そこで、そういう人でも受け入れられる即ゼロは何かというと、原発依存はジリ貧の道、即ゼロこそ成長への道、雇用と福祉のための即ゼロだというロジックです。

何とかして、一人でも多くの人に理解してもらって原発ゼロを達成しましょう。
そうしないと、原発事故が起きるまでゼロは実現できないということになりかねません。・・・・・・