今回はゲストなしの2人会!! 飯田泰之 × 常見陽平の「饒舌大陸」第18回  「常見さん、大学院行って、どうだったの?」 2月25日(火)20時から!
このエントリーをはてなブックマークに追加

いまどきの「働き方」を考える連載フォーラム
飯田泰之 × 常見陽平の「饒舌大陸」第18回
「常見さん、大学院行って、どうだったの?」
2月25日(火)20時からニコ生実況中継!

〔左〕飯田泰之さん 〔右〕常見陽平さん

月に一度、飯田泰之さん(経済学者)と常見陽平さん(人材コンサルタント)がゲストと共に「働き方」について語り合うマジメな座談会「饒舌大陸」。

今回はゲストなしの2人会でお送りします。一橋大学大学院社会学研究科修士課程に密かに通い続け、このほど無事に修士論文を書き上げた常見さん。そんな常見さんを迎え撃つのは現役の大学教員でもある"飯田先生"。お馴染みのほろ酔いコンビによる、ちょっとマジな、疑似「修論発表会」になる予定です。

前半は真面目に、後半はいつもどおりビール片手に暴走する大放談トーク、どうぞお楽しみに!

【中継日時】

2014年2月25日(火)午後8時放送開始!
▼ニコニコ生放送「ゲキbiz田原チャンネル」はこちらからURL:
http://live.nicovideo.jp/watch/lv169679010


※生放送は、月額会員以外の方も、最後まで無料でご覧になれます。なお、中継時間は変更になる場合もあります。あらかじめご了承ください。この番組のハッシュタグは#jozetsuです。ご意見、ご質問をお寄せください。
【出演者プロフィール】

飯田泰之 (いいだ・やすゆき)
エコノミスト、明治大学政治経済学部准教授。1975年東京生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程単位取得中退。駒澤大学経済学部准教授などを経て現職。2007年より知の交流スペース「シノドス」の運営に参加。シノドスのマネジング・ディレクター、財務省財務総合政策研究所上席客員研究員も務める。専門は経済政策、マクロ経済学。著書に『経済学思考の技術』『ダメな議論』『思考の「型」を身につけよう 人生の最適解を導くヒント』『飯田のミクロ 新しい経済学の教科書①』など。

常見陽平 (つねみ・ようへい)
著述家、実践女子大学・武蔵野美術大学非常勤講師、「クオリティ・オブ・ライフ」フェロー、HR総合調査研究所客員研究員。1974年宮城県生まれ。97年一橋大学卒業、リクルート入社。同社では「とらばーゆ」編集部などに在籍。2005年玩具メーカーに転じ、09年クオリティ・オブ・ライフに参加。一橋大学大学院社会学研究科修士課程にひっそりと在籍中。講演・執筆の専門分野は就活、転職、キャリア論、若者論、ノマドワーク、仕事術など。著書に『「すり減らない」働き方』『自由な働き方をつくる 「食えるノマド」の仕事術』『「意識高い系」という病』『僕たちはガンダムのジムである』など。

著者: 飯田泰之、荻上チキ
夜の経済学
(扶桑社、税込み1,365円)
「日本に風俗嬢は何人いる?」「買春する男の傾向って?」「弱者叩きをする人ってどんな人?」セックスから政治まで気鋭の評論家&エコノミストが数字を武器に吼えまくった!

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

著者: 常見陽平
「就社志向」の研究
(角川oneテーマ21、税込み820円)
制度上、構造上の欠陥を抱えていると指摘される新規学卒採用システムが長期にわたって存続するのはなぜか? 現在の新卒採用市場を冷静に読み解くことでみえてくる新たな動き。あなたの「シューカツ」観はもう古い!

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

記事をツイート 記事をシェア 記事をブックマーク