ソチ五輪開幕 残念!だけど専門家はこう見ている 浅田真央はキム・ヨナに勝てない
ヨナ超えのため、必要不可欠な大技トリプルアクセルは今季、まだ一度も成功していない。奇跡は起きるか?〔PHOTO〕gettyimages

生まれたのも、スケートを始めたのも同じ年。同時代に生まれたことを悲観する声もあったが、本人たちは否定する。「彼女がいたから、今の私がある」と。10年越しの頂上決戦、差は思いのほか大きい。

大人のヨナと、子供の真央

キム・ヨナ(23歳)は言う。

「練習をしていると、息があがり、筋肉がちぎれそうになって、『もう無理』と感じる瞬間が必ずやってくる。『これくらいでいいだろう』『次、頑張ればいい』という内なる声が聞こえてくる。けれど、そこであきらめてしまったら何も練習しなかったことと同じ。たとえば、水の温度を99℃まで上げたとしても、最後の1℃を上げることができなければ、永遠に沸騰することはない。これ以上は無理という瞬間を乗り越えてこそ、次のドアが開くのだし、そうなって初めて、私の望んでいる世界に行くことができる」

頂点に君臨する女王らしい、凄みと自信を感じさせる言葉だ。

いよいよ開幕したソチ五輪。19日(ショートプログラム。日本時間24時~)と20日(フリースケーティング。同24時~)、この絶対女王に挑むのが宿命のライバル、浅田真央(23歳)である。

ソチを最後に引退を表明している浅田にとって、今回の戦いがヨナとの最終決戦。前回のバンクーバー五輪ではヨナが金、浅田が銀だったが、2度目の五輪も「勝ったほうが金」の頂上対決となる。