【文部科学 その10】 宇宙開発を研究中心から防衛・事業中心へと発想転換せよ!
H-2Aロケット打ち上げの様子〔PHOTO〕gettyimages

小惑星探査機はやぶさが世界で初めて月以外の天体小惑星イトカワの固体表面に着陸してサンプルを採取して地球に帰ってきたのは2010年のことだ。日本の宇宙技術の高さを示す出来事であり、今後の宇宙工学の発展にも大きく寄与する偉大な成果といえよう。

しかし、はやぶさの成功がクローズアップされる日本の現状は、あまりにも研究に偏っている日本の宇宙政策の姿を現しているともいえよう。世界の宇宙政策は、もはやビジネスの世界での競争に移っているのだ。

アメリカのSpace Foundation(宇宙財団)が発行する「Space Report」によると、世界の宇宙産業の市場規模(商業ベースと政府の宇宙支出の合計)は、2012年で3,043億1,000万ドルと巨大で、過去5年で37%拡大している。

今後も世界の宇宙産業の市場規模は拡大していくだろう。もともと世界の宇宙開発を牽引してきたアメリカ、ヨーロッパ、ロシアは、以前から宇宙の産業化、宇宙ビジネスの展開に力をいれている。

欧米だけではない。中国は、低コストを武器に商業衛星の打上げを進めており、大型衛星の開発・製造技術も保有している。世界のマーケットに進出し、海外への輸出実績もある。