労働政策
春闘にも「1億総保守化」の波?首相の賃上げ要請に呼応する「一斉ベア要求」への違和感

トヨタ自動車や日産自動車など大手自動車メーカーの労働組合が12日、一斉に労使交渉の要求書を経営側に提出、春闘が始まった。13日には電機メーカー大手が要求書を提出。これから3月12日の集中回答日に向けて労使交渉が展開される。自動車や電機の春闘交渉は、「賃上げ相場」の形成に大きな影響を与える。

今年は、トヨタや日産、ホンダは5年ぶりにベースアップ(ベア)を要求したことが特徴だ。ベアの要求額はトヨタが4000円、日産とホンダが3500円。経営再建に目途がついた三菱自動車も12年ぶりにベア(3500円)を要求した。

ベアとは何か、簡単に解説する。たとえば今年39歳の社員の基本給が9万円、40歳の人が10万円だとすると、39歳の人が来年40歳になった時に昨年と同じように10万円もらえることを定期昇給という。これは賃金カーブ維持分と表現されることもある。歳を取るごとに賃金が上がっていく現行の体系を維持するという意味でもある。

ベアとは、この賃金カーブを、維持ではなく、底上げすることである。基本給が39歳で9万3500円、40歳で10万3500円になるイメージだ。一般的に、定期昇給だけでは労務コストが大きく跳ね上がることはないが、ベアを実施すると、全体の底上げになるため、労務コストが大きく上昇する。

ここでいう労務コストとは、月給を支払う原資だけではなく、基本給が上昇することで、それに連動する賞与、社会保障や退職金の負担コストなどのことである。

多くの自動車メーカーはリーマンショック後、設計や製造手法の見直しなどによる自助努力、円安や米国市場の回復、中国市場の伸びなど外部環境の好転によって過去最高益を達成する見通しである。その利益を、働いた報いとして労働者が受け取るのは当然なので、労組が賃上げを要求するのも理にかなっている。賃金が上がれば、元気が出ることも否定しない。

しかし、今春闘を見ていて筆者は違和感を覚えている。

アベノミクスを盲信、政権批判しづらい世の中に

それは、年初にあった日本経団連など経済団体での賀詞交換会で、安倍晋三首相が、経営者にデフレ脱却のために賃上げを求めたことだ。一国の総理が企業に賃上げ要求をすることは珍しい。市場経済の中で国際競争している大企業に対して、総理(国)が企業に賃上げを求める感覚が筆者には理解できない。経団連などに属する日本の大企業は、中国のように政府が統制する国有企業ではないはずだ。

原則として賃金は、個別企業の労使が、その企業の置かれた経営環境や将来展望などを議論しながら決めていくものである。同時に、交渉では単に賃上げだけではなく、非正規雇用の在り方、弱者への配慮、賃金・査定制度の設計など働き方自体についても議論されるものである。1990年代半ば以降、同じ業界でも優勝劣敗が進み、業績に大きな差が出るようになって、「共闘」自体の意味が薄れたことも影響し、個別の労使の話し合いで賃金を決めていく流れが強まっていた。

市場主義が強まっている環境では当然の流れと言える。そもそも査定や賃金制度の設計自体が、市場競争で勝つための企業戦略のひとつであり、経営者が頭をひねって考え出すべきものでもある。

ところが、アベノミクスによる円安誘導と株価の上昇による好況感と、それに加えて対抗軸の政策を出すべき野党の弱体化とが相まって、円安で株価を上げて景気をよくするという単純で分かりやすい安倍政権の政策は盲信的に歓迎される傾向になった。それが支持率にも表れているし、東京都知事選で舛添氏の勝利にも少なからず影響したと見ていいだろう。

率直に言えば、世間全体的に安倍政権を批判しづらい雰囲気があるし、それに迎合する動きもある。ある辛口雑誌の編集長は「安倍政権によって『1億総保守化』が進む。安倍政権を批判していると、いずれ日本から追い出されるような世の中が来ている。総保守化の波に乗り遅れまいと考えている経済人も多い」と語る。

筆者もこうした雰囲気を肌で感じることが多い。安倍政権の批判を書いたり、世相を風刺したりする記事を書くと、「あなたはアカヒ新聞(ネット右翼などの朝日新聞に対する蔑称)の記者か」「円高が悪の元凶。円安だったらソニーなど日本の電機メーカーは救われていた。それが分からないやつは経済記者をする資格がない」といったようなメールが自身のホームページ宛に届く。時には、「死ね」といったメールも来る。

記事の受け止め方には様々な意見があることは当然にしても、違う意見に耳を傾けたり、認め合ったりする風土が薄れてきているのではないだろうかと危惧してしまうケースが増えた。

安倍首相の賀詞交換での賃上げ要請発言を受けて、日本を代表する大企業の労組からは「いくら首相とは言っても、個別企業の賃上げにまで口を出してもらっては困る」といった本音も漏れていた。

しかし、自動車メーカー各社労組は一斉にベアを要求した。そして、今の流れであればベアが一斉に容認される公算が大きい。各社が個別の事情を考えたうえで要求しているのならば一向に構わないが、「1億総保守化」の雰囲気を感じ取って、労組がベアを要求しているのではないかと疑ってしまうほどだ。そして経営側も世間受けを狙ってベアを大盤振る舞いする。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら