ライフ
日本には碌な男がいない!? 知人の婚活をきっかけに考えたこれからの夫婦の形
〔PHOTO〕gettyimages

スタート地点に恵まれたある55歳男性の婚活

婚活をしてみたという男性の話が、意外で、面白かった。年齢は55歳、離婚歴あり。最近、立て続けに両親を亡くし、天涯孤独と感じたための一念発起だったそうだ。

ただし、言っておかなければいけないのは、この男性がとても55歳には見えないばかりか、文句なしのエリートで、スポーツマンで、ルックスも上々という恵まれたスタート地点にいること。

しかも、性格が優しく、純情。前の奥さんの悪口など、口が裂けても言わないタイプ。つまり、これなら普通に会社に通っていても、彼女ぐらいすぐにできるだろうと想像できる人物なのだが、なぜか、その彼が大枚をはたいて、交際相手を紹介してくれる会社に申し込んだのであった。真面目さ所以の行動であろう。

希望の相手の年齢は45歳~57歳に指定したそうだ。男という生き物は、たいてい自分よりずっと若い女を好むので、これはちょっと珍しいケース。年下が嫌いなわけでは決してないが、どうしてもというわけでもなく、自分の好きな兄夫婦の年齢まで含めたら、上限が57歳となったという。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら