現代ビジネスからのお知らせ

開催決定! 
内藤忍×現代ビジネス・スペシャルセミナー
フィリピン不動産の今とこれから

2014年02月18日(火)
upperline

 今、世界でも経済成長の著しい東南アジア。
そのなかでもフィリピンは、高い経済成長により注目される国となっています。
首都マニラの南東に位置する都市マカティは、近代的なビル群、高級ホテル、ショッピングモールを備え、マイクロソフト、インテル、シティバンク等の国際的大企業が進出する、フィリピンの経済成長を支える巨大都市として、投資家からも高い注目をうけております。

 そこで現代ビジネスでは、東南アジア、なかでもフィリピンの不動産投資の魅力に焦点をあてたセミナーを開催します。

・なぜ、今フィリピンの不動産が注目されるのか
・フィリピン経済が成長を遂げる理由
・人口平均年齢21歳、フィリピンがもつ将来性とは
・シンガポール、マレーシア不動産と比べたメリット、デメリット
 
 フィリピン不動産は同じ東南アジアのシンガポール、マレーシアと比べ、安価で不動産を手に入れることが可能です。だからこそ、しっておきたいフィリピン不動産の可能性とリスクについて考えるセミナーを開催いたします。

 講師には、資産デザイン研究所社長の内藤忍氏。また独立行政法人国際協力機構(JICA)の吉田徹氏が、フィリピンが高い経済成長を遂げている理由や、日本とフィリピンの経済関係などを説明します。
 そして、マカティを最先端の商業地域に育て上げたフィリピン最大の財閥「Ayala」より、不動産デベロッパー「AyayaLand」バイスプレジデントのデービッド・サン・ペドロ氏の登壇も決定。

 ぜひ、ご応募のうえ、会場までお越しください。

開催概要
【タ イ ト ル】現代ビジネススペシャルセミナー 「フィリピン不動産の今とこれから」
【主      催】講談社現代ビジネス
【協      賛】早稲田フロンティアマインド株式会社
【開催日時】2014年3月6日(木) 18:30受付開始 19:00開演 20:30終了予定
【会      場】講談社内イベントルーム 東京都文京区音羽2-12-21
        (東京メトロ護国寺駅・直通)/40名様(先着順・参加費無料)
【お申込み】こちらより、お申込みページへお入りください

出演者情報

左:内藤忍氏(資産デザイン研究所代表取締役社長)
中:デービッド・サン・ペドロ氏(Vice president of Ayala Land Inc)
右:吉田徹氏(独立行政法人国際協力機構(JICA)東南アジア・大洋州部第5課主任調査役)

 

内藤忍(ないとうしのぶ)
株式会社資産デザイン研究所代表取締役社長。一般社団法人海外資産運用教育協会代表理事。1986年東京大学経済学部卒。1991年MITスローン・スクール・オブ・マネジメント卒業(MBA)。
住友信託銀行、シュローダー投信投資顧問株式会社を経て、株式会社マネックス(現マネックス証券株式会社)の創業に参加。商品開発、資産設計などを担当。株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長、クレディ・スイス証券プライベートバンキング本部ディレクターなどを経て、2013年1月より現職。早稲田大学オープンカレッジ、丸の内朝大学などで講師を務め、雑誌、ネットでの連載コラムを担当。主な著書にシリーズ10万部を超えるベストセラーとなった「内藤忍の資産設計塾」シリーズ。「60歳までに1億円つくる術」「「好き」を極める仕事術」「丸の内朝大学マネーの教科書」など多数。公益社団法人日本証券業協会証券検定会員。
デイヴィッド・サン・ペドロ
Vice president of Ayala Land Inc.
2009年にアヤラ・ランド入社後、中国、ベトナム、ミャンマーにおける国際展開を指揮すると同時に、経営企画機能を監督。2012年には、アヤラのヘルスケア・ビジネスへの拡大を主導し、現在はアヤラの医療分野における投資、成長を監督している。アヤラ・ランド入社前はシンガポールにてノキア・アジア太平洋地区本部の企業戦略&アジア卸売売上高の室長に就任。またマッキンゼー・アンド・カンパニー・マニラ支社に在籍し、アジア各国における金融、旅行、そして政府関連の業務を指揮。
アテネオ・デ・マニラ大学経済学部学士号を取得し、バージニア大学コルゲート・ダーデン経営大学院(MBA)を優秀な成績で修了。
吉田徹(よしだとおる) 
独立行政法人国際協力機構(JICA)東南アジア・大洋州部第5課主任調査役。1999年大阪大学経済学部卒。2014年1月までJICAフィリピン事務所にてマニラに駐在。

 



underline

アクセスランキング
1時間
24時間
編集部お薦め記事
最新記事