[BCリーグ]
石川・山出芳敬コーチ「個々の選手育成がチーム力に」

 11日から、石川ミリオンスターズでは合同自主トレーニングが始まりました。2014シーズンの開幕に向けて、いよいよスタートです。昨季は2年ぶりのリーグ優勝、そして日本一を達成しましたが、決してすべてが良かったとは言えません。特に失策数がリーグ唯一の3ケタ(100)を数えた守備は、大きな反省材料です。最終的にはピッチャーを中心に守り勝つ野球で優勝することできましたが、今季はより堅実な守備を目指していきます。

 昨季、開幕当初は正直言って、強さという点では手応えはそれほど感じていませんでした。その中で前期優勝できたのは、ひとえに投手陣がしっかりと投げてくれたからにほかなりません。そのおかげで、後期は選手育成にも注力しながら戦うことができ、それがプレーオフへとつながったと感じています。

 特に新潟アルビレックスBCとのリーグチャンピオンシップは、それが顕著に表れていたと思います。レギュラーシーズンの新潟との対戦成績は、通算2勝6敗。後期だけを見れば、4戦全敗ですから、誰もが新潟が有利だと考えていたことでしょう。しかし、結果はミリオンスターズが無傷の3連勝でリーグチャンピオンの座を奪取しました。勝因は、投手を中心とした守りで、強打の新潟打線を抑え、彼らの野球をさせなかったことだと考えています。

 とはいえ、課題は残りました。昨季、シーズンを通して一番感じたのは、基本練習の重要性です。試合は練習での応用です。そのためには、練習で反復練習することが重要なわけですが、ただ数をこなせばいいというわけではありません。基本がなっていないままではいくら反復しても、結局試合でかたちが崩れてしまいます。ですから、練習では数よりも基本を忠実に行なうことが重要なのです。

 昨季も開幕前は、基本練習を重視していましたが、シーズンに入ると、試合での結果を追いかけるあまり、基本がおろそかになってしまったのです。失策が多かったのも、やはり基本ができていなかったからに他なりません。例えば、守備でのスローイング。試合を重ねるたびに、身体は徐々に疲労が蓄積し、足が動かなくなります。しかし、きちんとした基本のかたちが身体にしみついていれば、足が動かない中でも、きちんとスローイングすることができます。それができなかったということは、まだ基本がなっていないという証。今季はシーズンを通して、基本練習をやり続けていこうと思っています。