第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」結果発表
最高水準のAAA サービスにNTT コミュニケーションズなどの8 社を選定
プライベートクラウドのサービスが充実、ユーザーの関心はコストから品質へ
ユーザーはバックアップサービス、脆弱性対策などの信頼性を重視

 MM総研(東京都港区、所長 中島洋)は2月12日、第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」の結果を発表しました。

 この調査は、企業の情報システム基盤や災害時に継続運用できる社会基盤に適したサービスを選定する視点で、クラウドサービスを客観的に評価することが目的です。2013年に実施した第1回の同調査(2013年2月19日発表)に続き、本格的な普及期を迎えるクラウドサービスを適切に評価するために、IaaS/PaaS の基本性能だけでなく、信頼性・安全性、導入・運用管理など、総合的に評価しました。

 調査では、クラウドサービス(IaaS/PaaS)を提供する企業の中から、優良サービスを提供する20社を対象として、「パブリッククラウドのサービス機能・品質」、「プライベートクラウドのサービス機能・品質」、「サービス料金」、「導入支援・運用管理」の4分野について、合計70項目にわたる評価項目に関して重要度を加味した上でポイント化。今回は第1回調査の43評価項目に対して、プライベートクラウドのサービス機能や導入支援・運用管理、セキュリティ、ハイブリッド環境対応などの項目を加え、70評価項目に増やしてより多角的な視点での総合調査に強化して実施しました。重要度については、評価項目を適正化するためにユーザーアンケート調査の結果から算出しています。各企業でクラウドサービスの選定に関わる1,329名を対象にサービス選定時の重要度を反映し、項目別の重要度を設定しました。さらにICT業界に精通した有識者による審査委員会の検討を経て、総合的なランキングを公正に評価しました。

※上記は評価点順ですが、僅差ですので評価点数は示しておりません。

 出展:MM総研

  今回、評価の対象にした20社のクラウドサービスは、高品質で多様な機能を提供する優良サービスですが、中でも上記の8社は多くの項目で高い評価を得て、総合評価において最高水準の格付けとなるAAA(90点以上)を獲得しました。

 NTTコミュニケーションズの「Biz ホスティング」は、プライベートクラウドのサービス機能・品質、サービス料金、導入支援・運用管理などの各分野で高い評価となり、AAA サービスの評価を獲得しました。IIJ の「IIJ GIO サービス」や日本IBM の「SmarterCloud」、富士通の「FUJITSU Cloud Initiative」、KVH の「KVH クラウドソリューション」、IDC フロンティアの「IDC フロンティア クラウドサービス」は、パブリッククラウド、プライベートクラウドのサービス機能・品質に加えて、導入支援・運用管理などソリューションサービスが高く評価されました。アマゾンデータサービスジャパンの「Amazon Web Services」、GMO クラウドの「GMOクラウド Public / Private」は、パブリッククラウドのサービス機能・品質、サービス料金が高く評価されました。このように、企業の基幹系システムの構築を可能にする高品質・多機能なサービスを提供する企業が総合評価AAA を獲得する結果となりました。

  企業の情報システム基盤としてクラウドの導入が本格化する中で、バックアップサービスやサーバー脆弱性対策、ウィルス対策などの信頼性を確保する機能を重視するユーザーが目立ちました。特にクラウドの導入で先行する従業員数1,000名以上の大企業では、料金や操作性よりも信頼性を確保する機能や導入支援・運用管理サービスを重視する傾向が見られました。

プライベートクラウドのサービスが充実、ユーザーの関心はコストから品質へ

 クラウドを導入する企業がテスト段階から本番へと移行しているのを反映して、プライベートクラウドのサービスが充実してきている。導入後の運用管理、特にパブリッククラウドやオンプレミスシステムと統合するハイブリッド環境の運用管理の品質やVPN接続の容易さなどが重要なポイントになってきた。急増するサイバー攻撃に対してユーザー企業の間で関心が高まっているのに呼応して、セキュリティサービスの充実も目立ってきた。今後の焦点の一つだろう。全体にコストから品質へと関心が移ってきている。分野別の評価ポイント、並びに最も高い評価となった企業は以下の通りです。

パブリッククラウドのサービス機能・品質
サービスの操作性やCPU 等リソース・サービスの多様性、ネットワーク、信頼性・サポートなど25 項目を評価。SoftLayer の買収によりサービスを強化した日本IBMをはじめ、IIJ、アマゾンデータサービスジャパン、富士通、IDCフロンティアなどが高い評価となりました。

プライベートクラウドのサービス機能・品質
サービスの操作性やCPU等リソース・サービスの多様性、ネットワーク、信頼性・サポートなど25項目を評価。VPN直結のネットワークを一体として信頼性の高いサービスを提供するNTTコミュニケーションズをはじめ、IIJ、富士通、日本IBM、IDCフロンティアなどが高い評価となりました。

サービス料金
パブリッククラウドの最少構成価格、代表的モデル価格、ネットワーク接続料金など6項目を評価。必要なコンピュータリソースを低価格で利用できるGMOクラウド、さくらインターネット、アマゾンデータサービスジャパンやネットワーク接続料金が低いNTTコミュニケーションズが高い評価となりました。

導入支援・運用管理
導入支援・運用管理、セキュリティサービス、ハイブリッド環境対応など14項目を評価。導入時のプラン作成や導入後のシステム監視・運用管理、セキュリティサービスなどに強みを持つ日本IBM、IIJ、富士通、KVH、NTTコミュニケーションズなどが高い評価となりました。

同調査の概要は、次の通り公開しています。
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120140212500

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら