ドクターZは知っている

橋下市長「出直し選」の意義を考える

2014年02月16日(日) ドクターZ
週刊現代
upperline
大阪維新の会のwebサイトより

橋下徹・大阪市長が、今月3日、市長辞職と出直し選への出馬を正式に表明した。あまりに突然の表明だが、その「狙い」はなにか。橋下氏の「決断」をどう評価するのが正しいのか。そもそも橋下氏は「再選」できるのか。

まず、この時期になぜなのかといえば、大阪市議会で、大阪維新を除く、自民、公明、民主、共産が大阪都構想の区割り案に反対・慎重で、事実上、住民投票プロセスができなくなったことが背景にある。その状況を政治的に打開するために、橋下氏は大阪市長選挙に打って出た。

特に公明党に対しては、住民投票まではやらせるとの交換条件で衆院選などで配慮してきた。にもかかわらず「裏切り」があったことが、橋下氏の闘争心に火を付けたようだ。

市長選挙なので、市議会会派の構成が変わるわけではない。つまり橋下氏が再び大阪市長になっても、住民投票ができる保証はない。それでもあえて仕掛けるのは、小泉純一郎元首相の2005年の郵政解散のように、民意を問いたいわけだ。民意如何によっては、橋下氏が政治家を辞めることも考えられる。

そもそも大阪都構想とは、簡単にいえば、大阪市を解体して、複数のほぼ政令市並みのパワー(権限)をもつ特別区に再編するもの。また、現在大阪市のもとにある区の区長は公務員が就いているが、都構想では今の行政区における役人区長は一掃され、選挙で選ばれた区長が誕生することになる。

実は、現在の役人区長の行政区制度の下では、市長にも気づかれないようなカネの流れが市の末端でできていて、闇の既得権になっている。これが大阪都構想が実現すると、特別区制度に移管、公選区長が誕生するし、新たに区議会が生まれるため、従来のカネの流れのシステムが壊れる。

次ページ 要するに、都構想は単に大阪府と…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事