井上久男「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

中日新聞『日米同盟と原発』が明らかにした「日本の原子力開発史」と「再稼働推進論」の背後にあるもの

2014年02月08日(土) 井上 久男
upperline

『日米同盟と原発』(東京新聞)という本が昨年11月末に発行された。中日新聞社会部が中心となって2012年8月から新聞2ページ分を10回連載したものに加筆した著書である。その内容が興味深い。戦後の日米関係と絡めながら日本の原子力発電の開発の歴史が時系列的に平易な言葉で分かりやすく書かれており、それを通じて一気に昭和史が頭の中に入ってくる。

中日新聞社会部取材班キャップの寺本政司氏(筆者撮影)

内容だけでなく、取材手法も、ジャーナリズムに携わる者にとって大変興味深い。すべてニュースソースを明かした実名報道であり、100人以上に取材している。故人の取材については家族や元秘書に直接会って証言を聞き取り、日記にも丹念に当たって、当時の状況を克明に描き出した。

また、国会議事録やワシントン公文書館、米大統領図書館などの資料も緻密に調べあげている。記者が足で稼いでいる姿が浮かんでくる。社会部取材班キャップの寺本政司氏は「そこまで調べているなら、という取材姿勢に共鳴していただき、何十年も極秘にしていた資料をくれた方もいた」と振り返る。

こうした取材手法もあって、難しいテーマでありながらも、読めば一気に頭に入ってくる内容に成し得ているのであろう。そして同時に、記事の説得性も高めている。

2月9日に投開票される東京都知事選挙では、「脱原発」も大きな争点となっているが、単純な議論や世の中の雰囲気に流されての原発に賛成か反対かではなく、原発について深く考え、議論するための材料になる良書である、と筆者は感じた。

冷戦下、見せかけの「平和利用」として始まった原発開発

本書の内容はタイトル通り、日米同盟の歴史と日本が原子力発電に取り組むようになった経緯を絡ませたノンフィクションである。ストーリーは、戦前・戦時中の理化学研究所の仁科芳雄博士による「二号研究」と呼ばれた陸軍の原子力爆弾開発の話に始まる。

この部分は、伏線でもある。なぜなら、本書の主眼は、東日本大震災によって制御不能となった福島原発の大事故が起きた今でも、日本が原子力発電にこだわり続ける理由を、単に安い電力供給が求められているからではなく、原爆の潜在的開発能力の保有・維持することにあると捉えている点にあるからだ。

次ページ そして戦後の日米の安全保障とい…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ