現役女子大生が考える、女性が活躍する社会とは~今夏東京開催の学生版ダボス会議も日本女性が支えている!

HPAIRを運営する慶應義塾大学の学生たち

今年1月に開催されたダボス会議では安倍首相がウーマノミクスを世界に向けて発信した事が話題となった。これからの日本における、女性の役割とは。これからの社会を担う世代の女性たちはなにを思うのか。

折しも、この夏「学生版ダボス会議」HPAIRが東京で開催される。ハーバード大学との共同で、開催に向けて奔走する4人の現役女子大生たちに話を伺った。

田中遥
オペレーション部門アソシエイト
慶應義塾大学法学部政治学科3年、添谷芳秀研究会。大阪生まれ横浜育ち。HPAIRには2013年のドバイ会議に参加。
小松明莉
通信部門legate Relationディレクター
慶應義塾大学法学部政治学科3年、小林良彰研究会。小学校3年から4年間アメリカ・ジョージア州に住む。
米国イリノイ・ウェズリアン大学への交換留学、環太平洋大学機構(APRU)ロシアウラジオストク学生会議などを経験。HPAIR ドバイ会議に参加。
越野結花
企画部門ディレクター
慶應大学法学部政治学科2年。米国ロサンゼルス生まれ。中高時代、校内選抜海外派遣で、アジアを中心に計6か国の姉妹校を訪問。全日本高校模擬国連大会、UNESCO主催ESD国際交流プログラム初代代表、SJECスタンフォード短期研修、東北大学共催日露学生フォーラム分科会議長などを経験。2012年度ミス慶應コンテスト準グランプリ受賞。今秋からは米国に交換留学予定。HPAIRドバイ会議に参加。
西口由貴
渉外部門ディレクター
慶應大学環境情報学部4年、金子郁容研究会。UCLA UPSプログラム、University Scholars Leadership Symposium 2012 Baliに参加。HPAIRは2012年台湾、2013年ハーバード、ドバイ会議に参加。

日本の良さを世界中の学生に伝えたい

---学生版ダボス会議とも言えるHPAIR ですが、会議について少し教えて下さい。今年は東京での開催が決定したようですが、東京で開催をしようと思った理由はなんですか。

田中 第一に、日本の良さを世界中の学生に伝えたかったからです。和食や、アニメ、着物など、日本の文化を象徴するものはたくさんありますが、そのような自分たちの文化を発信し、海外の人に体験してもらうことが昔から大好きでした。

文化以外でみても、近年たくさんの「日本ならでは」の革新的な技術・ビジネスが発展してきました。そのような点を考慮しても、日本の首都東京が、世界中の学生に刺激を与える舞台になり得るのではないかと自信を持っていました。

越野 他にも、海外で日本の紹介や日本人の視点を提供できる学生の数が非常に少ないことに危機感を感じたことが大きいです。日本からどのように海外学生にインパクトを出せるかを考えた時に、HPAIRは日本を様々な面から知ってもらえるこの上ない機会だと思い誘致活動に加わりました。

また個人的には、ドバイ会議の時に、日本人として文化紹介をすることができず、悔しい思いをしたことも理由の一つです。前回日本をアピールしきれなかった分、東京では盛大におもてなしの精神で学生を歓迎し、沢山の文化体験の場を提供できればと思います。

西口 「東京がどんなに発展しようが誰も世界のことを知ろうとしない」わたしが東京という大都市で過ごしてきて世界と人々の認識の間にある見えない壁の大きさに問題意識を感じていました。政治の壁は厚く、世界はあまりにも広い。日本の地方でうまれ育ったわたしにとって海外は遠い存在だったのですが、東京で高校生活を送ることになっても大学に進学してからもそれは変わらなかったんです。

では、どうすればいいのだろうか。世界に行けないのなら、見れないのなら、「東京に世界を持ってくれば良い」。そう思い立ったのが招致のきっかけです。

小松 HPAIR東京開催を機に、もっと日本の学生がHPAIRだけにとどまらず、国際学生会議に興味を持ってくれればいいなと思います。留学経験や国際会議の出席歴など、海外経験がない日本人学生は、多くの気づきや驚きを得られると思うからです。HPAIRは規模も大きく、スピーカーも世界的権威がたくさん集まるので、国際社会に触れる、非常にいいチャンスだと思います。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら