[アイランドリーグ]
高知・弘田澄男「基本の徹底へ“弘田マニュアル”」

キャッチボール、真の目的

 3日よりスプリングトレーニングがスタートしました。とはいえ、日程は土佐清水市での6日間に、11日からの黒潮町での4日間のみ。1カ所に長期滞在して練習に打ち込むNPBのキャンプとは環境は異なります。

 加えて、独立リーグのチームは毎年、大幅に選手が入れ替わるところがNPBとは大きく違います。もちろん、レベル的にもまだまだですから与えられた時間を有効に使わなくては選手の能力もチーム力も上がっていきません。

 1月14日から始まった新人合同自主トレでは、早速、新しく入ってきた選手たちに基本を徹底して練習してもらいました。今季の新人たちはトライアウトを通じ、伸びる見込みがあるとみて獲得したとはいえ、まだ体力、技術ともにアマチュア。最初に練習を見た時は、「現状の控え選手にも劣る」との印象が否めませんでした。

 そこでバットスイングひとつから基本を伝え、量をこなしてもらうと、約半月ながらもいい方向に向かい始めています。全体ミーティングでは既存の選手にも「これまでの経験は否定しないが、一旦リセットしてくれ。ゼロからスタートしよう」と話をしました。今回のキャンプでは全員、守備はキャッチボールから、打撃はスイングからやり直してもらうつもりです。

 まずキャッチボールでは捕球して、そのままボールをつかんで投げている選手は基本が分かっていません。ボールをきれいにまっすぐ放れるのはフォーシームの握り。フォーシーム以外で投げると、ボールは変化して相手が捕りにくいかたちになります。いかに短い時間に持ちかえてフォーシームの握りをつくれるか。この感覚を養うのがキャッチボールなのです。

 さらに言えば、プロアマ問わず、キャッチボールの仕上げには短い距離でクイックスローをしています。しかし、高知の選手たちでさえ、マネをしているだけで本当にクイックスローができているとは言えません。

 素早くスローイングをするには、投げる手をグローブの近くに置き、すぐボールを持ち替える必要があります。つまり、相手の送球が逸れた時以外は、極力、両手でキャッチすることが原則です。加えて、ボールを獲った瞬間には投げられる体勢になるよう、足を投げる方向へステップしなくてはなりません。