野球
二宮清純「斎藤佑樹、復活の条件は“キラー”への変身!?」

 北海道日本ハムの斎藤佑樹投手は沖縄・名護でのキャンプで復活をかけ、シュートの習得に取り組んでいます。

 斎藤投手は昨シーズン、右肩関節唇損傷の影響で、わずか1試合にしか登板することができませんでした。それだけに、このキャンプにかける思いは誰よりも強いはずです。

 シュートをマスターすることができれば、斎藤投手にとっては復活の大きな武器となるでしょう。是非、成功してもらいたいものです。栗山英樹監督も「オレは荒木大輔を近くで見てきているから、それとかぶるところがある」と、かつてケガから復活を遂げた元チームメイトに斎藤投手を重ねていました。

“東尾流”の薦め

「東尾(修)さんみたいに投げて欲しい」

 栗山監督がそう語ったのは2012年のシーズン中のことです。「打たれるくらいなら(バッターに)当ててもいいつもりで投げろ」と喝を入れていました。

 周知のように東尾さんと言えば、シュートとスライダーを武器に251勝をあげた大投手です。ホームベースの幅43.2センチを目一杯、使ったピッチャーでした。

 斎藤投手も東尾さん同様、驚くようなスピードボールがあるわけではありません。バッターの懐を厳しく突かなければ、バッターはどんどん踏み込んできます。

 現役時代、東尾さんはシュートとスライダーをセットで使っていました。シュートで右バッターの懐をえぐってから外角にスライダーを投じれば、シュートの残像が頭に残っているため、バッターは容易に踏み込むことができません。左バッターには逆パターンで攻めます。東尾さんはこうしたテクニックを駆使して、外のボールをより遠くに見せていたのです。