選挙
「小泉神話」終焉か?非力・過信・内紛で東京都知事選に「波乱」起こせぬ細川陣営

メディア関係者を含め多くの東京都民(国民)が期待した「波乱」は起こらなかった。

2月9日投開票の東京都知事選挙は、自民、公明両党都連が推薦する舛添要一候補(元厚生労働相)の圧勝に終わるはずだ。

各社中盤情勢はダブルスコアで「舛添圧勝」

都知事選中盤までに実施されたマスコミ各社の情勢調査(非公表)の結果は、次の通りである(候補者名は敬称略)。

【東京新聞】(1月23~24日実施)舛添要一25.8%、細川護煕13.3%、宇都宮健児6.9%
【産経新聞】(同)舛添36.7%、細川16.3%、宇都宮13.8%
【日本経済新聞】(同)舛添39%、細川17%、宇都宮10%
【読売新聞】(25~26日実施)舛添45%、細川17%、宇都宮18%

実は、読売新聞以外に、NHKと共同通信社調査でも細川候補は宇都宮候補に逆転を許している。各社とも舛添候補がダブルスコア以上の大差がついている。

これが意味するところは、無党派層と言われる約3割の都民が選挙戦終盤に細川候補に流れる「のりしろ」が少ないことだ。故に「舛添圧勝」と言わざるを得ない。

仮に首相経験者の細川候補が首長選挙で敗北すれば、戦後政治史上初めての「椿事」になる。18代目のお殿様である細川氏がそんな屈辱を受け入れるはずがなく、少なくとも告示日の1月23日までは、出馬するからには勝算を確信しているという見方が独り歩きしていた。

事実、細川陣営に集った各セクターからの有力者―─細川・小泉両氏の橋渡しをしたとされる中川秀直元官房長官、みんなの党(渡辺喜美代表)と袂を分かった江田憲司・結いの党代表、細川氏元秘書の松野頼久・日本維新の会国会議員団幹事長―─などは、1月14日に細川・小泉両氏のゴールデンコンビが誕生してから選挙戦序盤頃まで「細川勝利」を信じて疑っていなかった。