[サッカー]
ブラジルで単身挑むフットボーラー、須藤右介(後編)

写真提供:須藤右介

 ブラジルに渡って3カ月が経っても、須藤右介はサルゲイロACの選手として公式戦デビューを果たせずにいた。労働ビザ取得や国際移籍証明書の発行など、ブラジルでプロ選手として出場するための手続きがすべて終了していなかったのだ。その間、練習には参加しても、試合はスタンドで見つめることしかできなかった。結局、彼に出場資格が与えられたのは、日本を離れて5カ月後の13年7月のことだった。

チームの一員になったという実感

「いろいろな人から心配の声をいただいたりして……選手契約を結ぶまでの5カ月間は歯がゆい思いで過ごしていましたね」
 須藤は当時の心境をこう振り返った。

 ようやくサルゲイロの一員になったと実感したのは、チームジャージを手渡された時だったという。
「試合の登録メンバー発表後、事務所でズボン、シャツ、チームスポンサーがブランドの緑色の鞄をもらったんです。部屋に帰って、すぐに袋を開けて着替えました。『やっとチームの戦力として認められる時が来た』と嬉しくなりましたね」

 5カ月間、手続きが遅々として進まない中で不安になることはなかったのか――。
「『なぜ試合に出られないんだ』『なぜ、そんなに時間かかるんだ』と思いましたよ。でも、自分ではどうにもできないことだった……。ですから、出場資格を得られた時に、チームが本当に必要としてくれる状態でありたいと思って、毎日トレーニングを続けていましたね」

 不断の努力を続けたからこそ、須藤は手続き完了後、すぐに試合の登録メンバーに入ることができたのだ。