[障害者スポーツ]
伊藤数子「“さらし者”という言葉から見える社会」

約10年前、電動車椅子サッカーの全国大会をインターネット中継したことから始まった「モバチュウ」

 2014年がスタートしました。今年は2月にはソチオリンピック、3月にはソチパラリンピック、そして6、7月にはサッカーW杯と、世界を代表するスポーツの祭典が続くこともあって、例年以上にスポーツで盛り上がる1年となりそうですね。私が障害者スポーツに深くかかわるようになって約10年。私にとっても、節目の年となりそうです。そこで、今回は改めてこの10年を振り返ってみます。

 現在、私はNPO法人STANDでユニバーサルな社会を目指した事業を行なっています。そのひとつが、障害者スポーツです。03年からスタートしたインターネットライブ中継「モバチュウ」や、10年に開設した障害者スポーツサイト「挑戦者たち」を運営するとともに、12年からはスポーツと文化のコラボレーションイベント「スポーツオブハート」の開催も行なっています。

 このように、現在は障害者スポーツに携わっている私ですが、10年前までは今の自分を想像すらしていませんでした。当時から知人の中には、障害がありながらも、スポーツを楽しんでいる人たちがいました。しかし、その時は障害者スポーツにかかわっているという認識はひとつもありませんでした。ただ、知人の中に障害がある人もいて、スポーツをしている。単に私はそれを応援しているだけのことだったのです。

 そんな私が障害者スポーツに深くかかわるようになったきっかけが、03年に初めて行なった動画配信でした。以前、このコーナーでも述べていますが、当時応援していた電動車椅子サッカーチームのメンバーの中に、障害のためにドクターから遠距離移動の許可がおりず、全国大会に出場できない選手がいました。そこで「チームメイトの活躍を見てもらいたい」という気持ちから、インターネットを使って大会会場から生中継を行なったのです。

 結果的に、それは大成功でした。会場に行くことができなかった選手は大変喜んで、自宅の部屋でユニホームを着用しながら見てくれました。さらに、他のチームにも見てもらおうと、会場ではネット配信していることを書いたカードを配っていました。すると「それ、何ですか?」と興味津々に聞いてくれた人たちも少なくありませんでした。アドレスさえあれば、全国どこでも見られることを知ると、私の知人同様、会場に足を運べなかった選手たちに連絡をしている姿も見受けられたのです。