『それでも、私は憎まない』 人間は、みな同じだから

レビュー:村上 浩

失った。本書の著者、パレスチナ人医師のイゼルディン・アブエライシュは、あまりに多くを失ってしまった。それは彼が、妻を急性白血病で亡くしてしまったものの、8人の子供たちと前向きに生きていこうと決意した矢先の出来事だった。2009年1月、3人の娘と1人の姪は、二度と抱きしめることができないほどに遠くへと旅立ってしまった。奪われた、という表現の方が適切かもしれない。4人の命を奪ったのは、イスラエル軍によるガザ地区への爆撃。

亡くなった母親の代わりに妹弟たちの面倒を見ていた長女ベッサンは経営学の学位取得寸前だった。数学が得意だった15歳のマヤは父親のような医師になりたいと思っていた。詩の才能があった13歳のアーヤはジャーナリストになる夢を無邪気に語っていた。姪のヌアは、本当の姉妹のようにイゼルディンの子供たちと仲が良かった。彼女たちの将来は、永久に奪われてしまった。

バラバラになった娘たちの身体を目にしたイゼルディンの頭には、「これでおしまいだ、これで終わりだ」という言葉だけが浮かんでいた。難民キャンプで生まれ、想像を絶する飢えと貧困を責任感と強靭な意志の力で乗り越え、イスラエル初のパレスチナ人医師とまでなったイゼルディンにとっても、あまりに過酷すぎる現実であった。

地獄を目前にしながらも、大けがを負った残りの子供たちを救うため、イゼルディンは動いた。友人であるイスラエル人ジャーナリスト、シュロミ・エルダーに助けを求める電話をかけたのだ。シュロミは生放送のニュース番組に出演中だったにもかかわらず、イゼルディンの電話を取った。そして、娘を失った父親の悲痛な叫びは、多くのイスラエル人にライブで届けられた。この衝撃的な映像はYoutubeなどを介して瞬く間に世界中に広まり、停戦への一助となったとも言われている。

イゼルディンの身に降りかかったことがもし自分にも起こったら、と考えるだけで背筋が凍る。これほどの絶望を前にして、果たして正気を保っていられるだろうか。怒りと憎しみにとらわれはしないだろうか。イゼルディンはなぜ、最も大切なものを奪われても『それでも、私は憎まない』と言えるのか。

本書は、ガザ紛争(2008年-2009年)によって娘と姪を失った著者が自らの半生を振り返りながら、パレスチナがどのような歴史的経緯で現在のような状況に陥っているのかを伝えてくれる。そして、私たちがどのように和平に向かって行動を起こすべきかを力強く訴えかけてくる。イスラエル‐パレスチナ間の状況を伝えるニュースや書籍は少なくないが、パレスチナ側の意見が当事者の声で伝えられることは少ないという観点からも、イゼルディンの肉声は貴重である。