どうしてこんなに流行っているの?『「おネエことば」論』

レビュアー:東 えりか

いつのころからだろう、テレビのバラエティ番組に「おネエ」言葉が溢れるようになってきたのは。異形の麗人たちの姿に驚かなくなってしまったのは、なぜなんだろう。世間の御意見番のような立場に、彼(彼女)らはどうして使われているのだろう。

最近は不思議とも思わなくなっていた、そんな現象を外国人の言語学者が論じた一冊、それが『「おネエことば」論』である。

17歳で日本に留学し日本語を覚えた著者は、東京大学大学院を卒業後、言語学者となり、1990年代には「日本語とセクシュアリティ」に関する研究に全力を注いでいた。フィールドワークの一環として調査していた、「日本語とセクシュアリティについて最初に頭に浮かんだのは何か」という問いかけに、一番多く返ってきたのは「おネエことば」および「ドラァグクィーン系のことば」であったという。

日本語はバイタリティに満ちていると著者はいう。古典文学を残しながら、日々、新しい言葉を生み出し、「正しい日本語」を奨励し男は男らしく、女は女らしい言葉づかいを学べ、と強制される。その割には流行語大賞のように、突然、氾濫する言葉に寛容だ。

男女の言葉づかいの規範を飛び越え、「おネエおとば」は楽しい表現方法としていきいきとした口調で語られている。柔らかい「女ことば」を取り入れながら「女」にはとても言えないような内容をずばりと言う。性別、社会規範などを切り抜ける手段のひとつになっていたのだ。

研究を続けるうちに、それまではアンダーグラウンド的なゲイなどのクラブシーンで使われていた「おネエことば」がテレビで容認されてきた過程を、著者は目の当たりにした。一般に思われていた「男性が利用する女ことば」、いわゆる女ことばのパロディとして解釈していた範疇を大きく超えてきたのだ。真正のおネエでない「おネエキャラ」の出現、それが2000年代に入って、テレビで見ない日がないほどのブームを形作っていく。

21世紀になって登場してきた彼らは、派手な衣装、セレブ風メイク、スマートだけどどこか下品。そのほとんどが何かしらの専門家である。美容、料理、生け花、ダンス、など女性性を女性より身に着けている人たち。それまでに登場していた美輪明宏やおすぎとピーコたちより、さらにメディア向けに作られた言葉を使う。

彼らが専門的な知識を用いて、素人や個人の住まいや料理、服装など生活改善と幸せを提供することがブームを呼ぶ要因でもあった。

かつて永六輔が「オカマのことばはすばらしい」と語ったことがあった。「男ことば」より「女ことば」のほうが怒ってもやさしく感じられるという理由で、永自身が「オカマのちょっと手前」のことばを使うのだそうだ。