メディア・マスコミ
伝統とはいえ継承できないこともある! 血だらけのイルカ漁は日本の将来のためにやめたほうがいい
〔PHOTO〕gettyimages

今でも商業捕鯨を続けているノルウェー

去年、ノルウェーのベルゲンという美しい港町で、有名なレストランに行って、「オードブルのお勧めは何ですか」と聞いたら、クジラの生肉のマリネを勧められ、少し驚いた。日本人だと知っていたので勧めたのか? アメリカ人やドイツ人なら、クジラ肉と聞いただけで怒り出す可能性がある。怒らないまでも、絶対に食べなかっただろう。

私が昔、東京で、ドイツ在住アメリカ人の接待をしたとき、おでん屋に行ったら、鯨の脂身があった。これは関西では「コロ」と言って、昔はおでんには欠かせない食材だった。大阪出身の私はとても嬉しくなり、勇んで頼もうとすると、そのアメリカ人は「僕は捕鯨には反対だ」と言って不服そうな顔をした。私は、何食わぬ顔で、一人でコロを食べた。

ちなみに、ノルウェーの鯨はとてもおいしくて、生で頂くなら、お刺身よりもマリネの方が良いと思ったほどだ。それにしても、ノルウェー人は、このご時世に堂々と鯨をメニューに載せているところが凄い。

現在、公式に捕鯨をしているのは、ノルウェーの他にはアイスランドと日本だけだ。ただ、この2ヵ国は調査捕鯨と銘打っており、ノルウェーのように商業捕鯨はしていない。もっとも、九州のお寿司屋さんなどでは、「網に間違って掛かってしまった鯨」が結構しょっちゅう出るが、堂々とは並べられていない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら