経済の死角

伊藤春香×長谷川幸洋×藤村厚夫×堀義人×瀬尾傑【第5回】空気を読まずにすべてを疑い、自分の頭で徹底的に考え、議論することが大切だ

生・ニッポン未来会議

2014年02月05日(水)
upperline
左から、瀬尾傑氏、伊藤春香氏、長谷川幸洋氏、藤村厚夫氏、堀義人氏

立場の異なる新聞の社説を批判的に読み比べる

瀬尾: この辺りで会場から質問やご意見を聞いてみたいと思います。

質問1: お話をお伺いしていて、自分で情報を選ぶメディアの選択肢がすごく広がっていて、選ぶ側の目も育てていかなければいけないな、ということを感じたのですが、たとえば教育現場や家庭でどういうことをしていけばいいか、具体的に教えてください。

長谷川: 昔はよく「新聞の社説を切り抜いて読め」といったものですが、私は今はまったくお勧めできないですね(笑)。それでも手軽にすぐできることをやるとなると、特定のトピックについてまとまってコンパクトに結論まで書いてあって背景も説明しているとなると、新聞のコメンタリー、つまり社説くらいしかないんです。

だから、一つの新聞だけではなく、立場の異なるものをぜひ読み比べてみてほしいです。それぞれを批判的に読む、そういうことがいちばん手っ取り早いかと思います。一つの新聞だけではダメだというのは、もう大前提です。

次ページ 質問2: 私は今現役の高校3年…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ