伊藤春香×長谷川幸洋×藤村厚夫×堀義人×瀬尾傑【第2回】ジャーナリストも経営者もサラリーマン感覚では自由なことが言えない
『生・ニッポン未来会議』より
左から、瀬尾傑氏、伊藤春香氏、長谷川幸洋氏、藤村厚夫氏、堀義人氏

⇒【第1回】はこちらからご覧ください。

現状認識のぶつけ合いが議論を生む鍵になる

瀬尾: 今のメディアが問われているのは問題設定能力だと思うんですね。テレビもそこが非常に弱くなっている。先ほど長谷川さんが問題提起されていましたが、たとえば特定秘密保護法案については、絶対賛成か絶対反対かという極論ばかりが出ていて、その間にある「じゃあ現実的にこの法案をどう変えていけばいいのか」という議論は、ほとんどテレビで行われなかったわけですね。

 このニッポン未来会議は、批判から提案、思想より行動、リーダーシップへという考え方、それはテレビに限らずメディアが失っている機能の一つを、堀さんが提案されたんだと思うんです。

 では、なぜ今の既存のメディア、テレビのなかではそれが失われているのか。長谷川さんが『2020年新聞は生き残れるか』という本のなかにも書かれているんですが、なぜメディアはアジェンダ設定能力を失っているのか。それについては長谷川さんはどのようにお考えですか?

長谷川: 私は、現状認識のぶつけ合いが、もしかしたらその問題を解く鍵になるんじゃないかと思うんです。政党や政治家はそれぞれの政策なり対応策みたいなものは持っているわけです。それがテレビや新聞というもののなかで、いわば空中戦のように闘わされているわけです。

しかし、政策というのは現状に対する対応策ですから、そもそもの現状をどういうふうに認識しているのかということがいちばんの基礎なんですね。じゃあ、その現状認識についての議論はあるだろうかというと、私は実はテレビや新聞のようなメディアに欠けているのはそこなんじゃないかと思うんです。

長谷川: たとえば尖閣諸島を今どのように見るのか。中国が防空識別圏を設定している意味合いというのをどういう文脈で理解するのか。あとは、大きくいえば日本と中国の関係、アメリカと中国の関係が、今どのようなものになっているのかということを把握しているのか。ーーということを政治家の皆さんにお聞きしていくわけです。日本共産党の議員にも聞き自民党の議員にも聞く。

 そういうことを積み重ねて、その作業を詰めていくことによって、実は現状認識の違いみたいなものが浮き彫りになってくる。そうするとそれがいわば鍵になって、そこから議論が始まるかもしれないな、というふうに思います。

つまり紙に書かれたアジェンダなりマニフェストのような形の「あなたの党は何を主張しているのですか」ということをいくら言い合ってみたところで、それはあり合わせの既製品の政策をぶつけ合っているような形です。これはハッキリ言って本当に創造的なクリエイティブな議論にならない。

 そもそもそういう政策が出てくる世界や東アジアの現状について、あるいは日本経済の現状について、あなたはどのように見ているのかというところから議論を闘わせれば、お互いの政策の議論が噛み合ってくるのではないかと思います。私は今のマスコミにいちばん足りないのはそこなんじゃないのかな、そこかもしれないな、ということを今ちょっと思っています。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら