[裏方NAVI]
渡辺啓太(全日本女子バレーボールチームアナリスト)<後編>「追求してきたプロフェッショナル」

「そんな資料、破ってしまえ!」
 渡辺啓太が全日本女子チームの専属アナリストに就任したばかりの頃のことだ。当時、全日本女子チームを率いていた柳本晶一監督に、渡辺はそう言われたことがある。それはプロとは何たるかを痛感させられた出来事だった。

 国際大会を控えてのミーティングで、渡辺が作成した資料が配られた。そこには対戦相手を分析した細かなデータが書き込まれていた。すると、ある選手が1カ所、背番号に誤りがあることに気付いた。
「この選手の背番号、○番でしたよね」
 それを聞いた柳本監督の言葉が、「破ってしまえ」だったのである。

 実は対戦相手の主力選手に故障者が出たため、控えの選手が出てくることを想定した渡辺は、印刷する直前に背番号を書き換えていた。ところが、たった1カ所、修正し忘れていたのだ。

「勝って欲しいという思いをこめて、ミーティングの当日の朝までかかって作り上げた資料でしたから、正直言って柳本さんの言葉はショックでした。でも、おかげで自分がやっている仕事の意味や責任の重さを改めて知ったんです。どんなに頑張っても、たとえひとつのミスだったとしても、日の丸を背負って世界を相手に戦っている選手たちに質の低いものを渡すことは許されない。プロとしての自覚と責任を持ってやらなければいけないということを学びました」
 この時から渡辺はプロとしての意識を強くもつようになった。

原点となった大学時代の教え

 渡辺がアナリストを目指し始めたのは、大学時代のことだ。選手として専修大学バレーボール部に入部した渡辺だったが、レギュラーへの道は予想以上に険しかった。そこで大学での専攻分野を活用し、データ分析で自らの道を切り拓こうと考えたのだ。ちょうどその時に出会ったのが、当時Vリーグの旭化成スパーキッズ(06年に廃部)の監督を務めていた久保義人(現・JTサンダーズ副部長)だった。同大学バレーボール部の監督が、久保の高校時代の恩師だった縁もあり、合同合宿が行なわれたのだ。

「恩師から渡辺くんのことは聞いていました。『実は、アナリストとして力を発揮させたい子がいるんだ』と。ちょうど日本のバレーボール界でもデータが活用され始めた頃で、チームでも分析を始めていました。少しはノウハウがありましたので、それを渡辺くんに伝えたんです」

 合宿中、久保は惜しげもなく、持っている知識をすべて渡辺に与えた。その時、久保は渡辺にはアナリストとして優れた能力があることを感じていたという。それは彼の人間性にあった。
「アナリストというと、分析することに注目がいきますが、実はそれは単なる手段でしかありません。その分析したものを、どうやってアウトプットするか、実はここが一番アナリストには重要なことなんです。どんなにいい情報があっても、それをうまく伝えられず、相手に理解してもらえないようでは何もなりません。でも、渡辺くんには当時から伝える力がありました。誰に対しても人あたりが良く、会話もテンポよくキャッチボールできるので、話をしていて気持ちが良かった。だから、すごく伝わってくるものがあったんです」

 そんな渡辺の人間的な魅力が、アナリストとしての可能性を広げるに違いないと久保は感じていたのだ。だからだろう、久保は渡辺にこうアドバイスした。
「選手たちは、経験豊富で絶え間ない努力をしてきている。その選手たちに情報を与えるアナリストは、バレーボールのことを誰よりも知っていなくてはいけない。知識の部分では、一番にならなくてはいけないよ」

 この言葉は、今もしっかりと渡辺の胸に刻み込まれている。
「僕にとっての原点ですね。久保さんには、アナリストとしての大事なポリシーを植え付けてもらいました」