[野球]
佐野慈紀「15勝のカギを握るギアチェンジのタイミング」

 ついに、新ポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた田中将大の入団先が決定しました。ニューヨーク・ヤンキースです。7年契約で年俸は総額1億5500万ドル(推定)。日本円にすると約161億円で、メジャーリーグの現役投手の中で5番目という大型契約です。金額だけでも、ヤンキースがいかに田中に大きな期待を寄せているかがわかりますね。

 周知の通り、田中は昨季、開幕から無傷の24連勝を達成し、東北楽天にとって球団創設初のリーグ優勝、日本一の立役者となりました。非の打ち所のない活躍ぶりは、まさに「お見事」のひと言に尽きます。では、なぜ負けなかったのか。ひとつはコンディショニングがうまくいったことにあると思います。ケガもなく、常に試合に臨める状態を1年間キープすることができたのです。

 そのため、昨季の田中投手は極端に調子が悪いという試合はありませんでした。たとえ少し調子を落としていても、ゲーム中に修正できるため、自分のピッチングスタイルを貫くことができたのです。

 さて、以前から田中がメジャー移籍を希望していることは伝えられていましたが、その時がいよいよやってきましたね。昨季で田中は自分のピッチングを確立させることができたと思います。そのうえでのメジャー移籍ですから、まさにベストのタイミングでのメジャー挑戦でしょう。