この先に待っているのは「戦争」 3ヵ国同時取材「嫌中」「憎韓」「反日」何でお互いそんなにムキになるのか?日中韓激しすぎる憎しみの連鎖

2014年01月27日(月) 週刊現代

週刊現代経済の死角

upperline

自民党ベテラン議員の言葉を借りれば、仮に中国と武力衝突という事態になっても安倍首相に冷静・沈着な対応ができるのか心許ない状況だ、となるわけです」

村山富市元首相も、こう憂慮する。

「靖国神社に参ろうとする首相の気持ちは、日本国民はみんなわかっている。しかし過去には政治的配慮があって参らなかったんです。参拝すれば日中韓の関係にどんな影響がでるか想定できたはず。靖国問題には長い経緯があって、中曽根(康弘元首相)さんが参って中国に責められ、参拝をやめた。安倍首相は『いつでも扉は開いている』と言っておきながら、靖国に参ったりして逆に対立を刺激するような言動をしている。それは扉を開いていることには全然ならない。自分の気持ちを貫くためだけに理にかなわないことをするのは止めるべきです」

「強い国」を掲げる安倍政権。だが過剰に緊張が高まれば、不測の事態が起こり、大規模な武力衝突に発展する可能性も否定できない。「嫌中」「憎韓」に酔いしれる人々は、そのとき本当に武器を取って人を殺し、自分も殺されるつもりなのか。

せめて日本だけは冷静さを保ち、どっしりと構えているのが品格ある「強国」なのではないか。

「週刊現代」2014年2月1日号より

前へ 1 2 3 4 5 6

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ