この先に待っているのは「戦争」 3ヵ国同時取材「嫌中」「憎韓」「反日」何でお互いそんなにムキになるのか?日中韓激しすぎる憎しみの連鎖

2014年01月27日(月) 週刊現代

週刊現代経済の死角

upperline

憎悪は、向けやすい対象に向かってしまう。格差社会の閉塞感にあえぐ韓国の若者たちは、日本よりも中国系移民という目の前の少数弱者に敵意を向け始めているらしい。

日本人の根底にある差別意識

ひるがえって、日本ではどうか。安田氏は言う。

「日本のネット右翼にも変化があります。当初は社会に不満を持つニートや引きこもりが中心でしたが、いまは一流企業に勤めるサラリーマンや普通の主婦、学生が主流になってきている。ネットに韓国批判の書き込みが溢れ、書店には嫌韓本が並ぶ。日常的にそんな嫌中憎韓の情報に触れるようになったことで、それが普通のことなんだと感じるようになったのでしょう。

これまでも日本人はずっと韓国や中国への反感や差別意識を持ってきました。ただ、最近のように『死ね』『殺せ』と叫ぶことはなかった。韓国がにわかに進歩して国力をつけたことで、何かを『奪われた』という危機感が生じ、旧来の差別感が新しいフェーズ(局面)に入ったのだと思います」

靖国参拝でも「国内問題に内政干渉するな」と中韓に強く反発する声もある。確かに首相参拝は国内問題だが、そうした意見のなかには、「中韓ふぜいが偉そうなことを」という差別意識が混在していることを感じさせるものも多々ある。

だが参拝によって中韓が反発し外交が停滞することは明白だった。ならば、せめて日本は感情論に走らず、「大人」の選択をするべきではなかったか。しかし安倍首相にそれを期待するのは難しそうだ。安倍首相の評伝を2冊上梓している政治ジャーナリストの野上忠興氏はこう語る。

「気の強さと思い込んだらテコでも動かない一面を持つ安倍首相に硬軟使い分け、深謀遠慮が求められる外交政策で多くは期待できないでしょう。中韓両国との関係でも『いずれ自分にすり寄ってくる。心配ない』とタカをくくったもの言いを周辺にしているといいます。

対米関係での読みも足りないとの指摘がある。ただでさえ、オバマ大統領は右派体質の首相には冷たい。さらにいまは中間選挙を念頭に内政問題への対応で精一杯の状態です。東アジアの緊張を高める安倍首相が、いくら米軍の軍事費削減の肩代わりのように防衛予算を増やしても米国は良い顔をするはずがない、となる。

次ページ 自民党ベテラン議員の言葉を借り…
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事